Abu Ambassadeur

改造2500C VS 改造5001C 軽量ルアー投げ比べ対決

投げ比べ

 

アブアンバサダー2500Cは、渓流ベイトフィネスで有名ですね。軽いルアーがキャストでき、また、アンバサダー独特の雰囲気が、渓流フィッシングにあっており、今、とても大人気です。

特に2501C 左ハンドルは、玉数が少なく、高額過ぎて、もう購入できるレベルではないですよね。

その点、5001Cは、玉数も多く、値段もお手頃、もし、5001Cで2501Cの代わりに釣りが出来たら、それは、とてもお財布に優しくなります。

という事で。今回は、改造オールド2500Cと、改造オールド5001Cの投げ比べについてお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

5001C 改造箇所

1979年製造のオールド5001Cです。

このリール、ほぼフルチューン状態です。

改造箇所は

・アベイル軽量スプール

・アベイル軽量レベルワインダー

 

 

・アベイル2BBコグホイール

 

 

・ファクトリーチューン用ウオームシャフト 2BBタイプ

・ANY フルセラミックBB オイルレス仕様

・ハネダクラフト4.7:1ハイギヤ

・ハネダクラフトチタンハンドル

キャスト性能に影響する箇所は全て改造済み、特にアニーさんのフルセラミックBBはオイルレスで、抵抗が少なく、とても巻き感の軽いリールとなっております。

このリールの改造は下記、ブログで紹介しているので、見てくださいね。

 

古くてもここまでできる⁉️オールドアブ アンバサダー 5001C フルチューン!

 

このブログの後、BBと、レベルワインダーを交換して、さらにグレードアップしております。

 

2500C改造箇所

 

1976年製造のオールド2500C。

クレストマークが大きいのがお気に入りです。

IARはないです。

 

・アベイル軽量スプール

・アベイル軽量レベルワインダー

 

 

・アベイル2BBコグホイール

 

 

・アベイルアルミウオームシャフト 2BBタイプ

 

 

・アベイルハイギヤ真鍮6.1:1

・アベイルカーボンドラグワッシャー

 

 

・アベイルピニオンブッシングBBキット

 

 

・ヘッジホッグスタジオ AIR BB オイルはIOS-007

 

 

・ハネダクラフトミラーフィニッシュショート字ハンドル

 

BBに使用しているオイルは超低粘度のIOS-007です。オイルレスがベストですが、フルセラミックBB以外は、錆び、焼き付きの問題があるのでオイルを使用します。

 

;

 

以上ですが、これらは定番の2500Cのチューニングです。

この2500Cの改造は下記ブログでも紹介していますので、よろしければ見てください。

 

オールド アブ アンバサダー2500C 渓流ベイト仕様にカスタムチューン!

 

また、YouTubeでも2500C改造動画アップしています。

 

 

 

ロッド

 

今回使用するロッドは、フィッシュマンビームスシエラ5.2ULです。

2gのルアーまでキャストできると記載されています。

 

 

投げ比べ検証 5001C

 

まずは、5001Cから始めましょう。

ライン:PE3号

リーダー:ナイロン20LB

キャストするルアーは、

ラパラカウントダウンエリートCDE75

 

重さは8.95g(実測)

このクラスのルアーは全く問題ない。

気持ちよくキャストできます。

合格

 

ヘドンタイガーカップ

 

重さ4.88g

このルアーも問題ないですね。

キャスト可能

合格

 

ガンクラフトジョイクロ70S シンキング

 

重さ 4.55g

なんと、ヘドンタイガーカップとあまり重さは変わらないのですが、とてもキャストしにくい。

キャストはできるが、狙ったところへは難しい。

ジョイントルアーは空気抵抗が大きく、キャストしにくいからかな。

これは微妙だ

 

スミス D-Sライン スプーン

 

重さ:2.94g

3gクラスでが、正直これは、キャストはできるが、全くねらたっところへは難しい。

これで、釣りをするのはストレス以外の何物でもない。

不合格

これにて、5001Cの検証は終わりです。

 

投げ比検証2500C

 

ライン:PE2.5号

リーダー:ナイロン20LB

 

ラパラカウントダウンエリートCDE75

 

重さは8.95g(実測)

このクラスのルアーは5001C同様全く問題ない。

気持ちよくキャストできます。

合格

 

ヘドンタイガーカップ

 

重さ4.88g

このルアーも問題ないですね。

楽勝

合格

 

ガンクラフトジョイクロ70S シンキング

 

重さ 4.55g

さすが、2500C、このルアーでも余裕だ。

ここで、勝負ありました。

2500Cのほうが全然キャストしやすい。

明らかに違います。

余裕で合格

 

ラパラカウントダウン CD-1

 

勝負あったので、遊びで

CD-1をキャストしてみます。

重量は2.69g

さあ、どうだ、

このルアーでもまだ、キャストできる。

凄いじゃないかい、2500C

これも合格です。

ダイワ アダム1.0 スプーン

 

次は、重量0.96gのスプーンです。

これがキャスト出来たら凄いな。

しかし、、結果は、前に飛んで行くだけで、釣りにならない。

これは無理ですね。

流石に1gは厳しかった。

 

結論

 

改造5001Cでは、2500Cには、及ばないが結論でした。

5001Cは5gクラスなら、気持ちよくキャストできますが、それ以下ですと、正直キャストしにくくストレスを感じます。

一方、2500Cは、2gクラスまで行けますね。流石です。

アベイルさんの軽量スプールの重さの違いが、このような結果になたっと思います。

5001C軽量スプール AMB5050R-C 16.6g

 

 

2500C軽量スプール AMB2560R  5.7g

 

 

約3倍ほどの重さの違いがあります。

やはり、この差は大きく、キャスト性能に差が出てしまいました。

残念ながら、5001Cでは2501Cの代わりにはならないですね。

しかし、5001Cはノーマルと比較すると見違えるほどキャスト性能は上がっています。

改造を加えることで、それなりに効果はありますので、皆さん是非改造してみてください。

アンバサダーの世界がさらに広がるかと思います。

 

この検証内容は、YouTube動画でも公開していますのでよろしければ見てください。

 

 

 

最後までありがとうございました。

  • この記事を書いた人

アッキー

タイランドに駐在する釣り吉のブログです。 アンバサダー、カーディナル等のタックル情報、怪魚釣り釣り情報を発信しております。 YouTubeもやってますので宜しくお願いします。 https://www.youtube.com/channel/UCKhi0W_iarA98b9bOtX3lKQ

-Abu Ambassadeur
-, , , , , , , ,

© 2022 どえりゃあ釣りチャンネル Powered by AFFINGER5