えー! まさかの😭アブ アンバサダー5001C 1972年モデル

Pocket

1972年アンバサダー 5001C

アンバサダー1972年製 5001Cをヤフオクで購入しました。

私、基本左ハンドルが好きで、1973年製5001Cも持っていましたが、怪魚の釣り過ぎで、破壊されてしまいました。

大好きなリールだけに予備も欲しいと思い購入しました。

しかし、全く同じではつまらないので1972年製です。

えっ、何が違うかって?

少しだけちがうんです。1972年製の方がよりクラシカルなかんじです。

そして、1972年と言えば私の産まれた年です。私にとってはメモリアルなリールです。

違いが分かりますでしょうか?

ハンドルは別として、フレームに固定するネジが違います。

右側が1972年 左が1973年です。

1960年代の5000も1972年とおなじネジですので、1973年から現行モデルと同じネジに変わったんですね。

アブの歴史が少しだけわかった様な気がします。

その他は同じです。

オーバーホール

中古で、さらに45年も前のリールですので、オーバーホールが必要です。

いつものグーバーリールワークスさんにお願いしました。

そこで、作業前に驚愕の事実がわかりました。

なんと、フレームが歪んでしかも修正不可能なレベルとの事。

これがそのフレームです。見た目には良くわかりませんが、駄目のようです。よく見ると全体的に左に傾いております。

フレーム以外は特に悪い箇所は無いとの事です。

フレームはグーバーさんで中古良品を探してもらい、修正し、装着してもらいました。

1973年製のフレームでした。

致しかないですね。

ヤフオクで中古のアンティークですので、こうゆう事もあります。

アンラッキーです。

これで、実際に使用できるリールに仕上がりました。

相変わらず、グーバーさんの仕事は素晴らしいです。

回転がとてもスムーズです。

グーバーさんの仕上げなら、特に改造しなくても、飛距離は出るかと思います。

ターゲットフィシュ

エコノマイザーも付いていたので装着してみました。

やはり、オールドは雰囲気が渋いですね。

カッコいいです。

このアンティークで、狙いはアマゾンBKKでピラルク(アラパイマ)です。

ギヤ比はお決まりの超ローギアです。

ピラルク釣りは、超デッドスローリトリーブでルアーを巻く方がバイト率があがります。

その為、ルアーをリトリーブする時は丁度いいですが、魚がかかってからは巻いても巻いても寄ってこないのが、ローギアの痛いところです。

相当な運動になりますね。1匹釣ったらふらふらになるでしょう。

今回はチューニングは一切行わず、オリジナルのままで使用しようと思います。

しかし、ハンドルだけはひん曲がってしまうので、ハネダクラフトのチタンに交換する予定です。

PEラインは

6号 70LBです。

このラインは安くて、丈夫で最高のラインです。ちゃんと安いのに8本撚です。

ロッドはお気に入りのデプス ヒュージカスタムH2N-64Rです。

このリールでの釣行記乞うご期待ください。

最後までありがとうございます。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です