カーディナル

オールド アブ カーディナル66X &77X レビュー!

オールド アブ カーディナルシリーズ

 

美しいデザインで未だ大人気のオールド アブ カーディナル

このカーディナルには、

3シリーズ

4シリーズ

6シリーズ

7シリーズ

があります。

BMWみたいですね。

番号が大きくなるほど、サイズが大きくなります。

日本で人気なのは、一番小さな3シリーズですね。

管理釣り場、渓流で大人気で、オールドとなると、ヤフオクでは高値で取引されてます。

4シリーズになると、3と比較するとマイナーな存在となります。

4シリーズの玉数はそこそこあり、ヤフオクでは3と比較すると、手が出しやすい価格です。

しかし、6&7シリーズとなると、相当なマイナーな存在となります。

 

 

そもそも、玉数が少ないのでヤフオクではあまり出展されません。

たまに、出展されますが、3と比較したら安い値段で購入可能だが、玉数が少ないのでそこまで安くはないです。

6、7シリーズは、淡水での使用となると、正直日本では活躍する場が少ないのが、玉数の少ない理由かと思います。

しかし、個人的な見解としては、海釣りでは6や7シリーズは活躍の場があると思います。

なぜなら、海ではどんな大物がヒットするか分からないからです。

大物にも対応できる性能を秘めているのが、6,7シリーズです。

年代

 

私の66Xのフットナンバーは770301

1977年製造

 

 

77Xは780401

1978年製造

いずれもオールドアブです。

 

77Xはエビスシールが貼ってあります。

 

 

このシールが貼ってあるとなぜか嬉しです。

 

カーディナル66X、77Xとの違い

 

今回ご紹介するのは、6と7シリーズの 66X と 77Xについてです。

実は、66Xと77Xのボディーサイズは同じで、構造も同じです。

3と4シリーズは、ボディーサイズが違います。もちろん4と6シリーズもサイズは違います。

しかし、6と7シリーズは同じボディーサイズです。

違うのは、スプールの大きさと、ローターの大きさが違います。

 

つまり、糸巻量と糸の巻き上げる量が違います。

太い糸がより多く巻けるのが66Xさらに太い糸が沢山巻けるのが77Xです。

ハンドルを1回転した際に66Xの糸巻き上げ量は83㎝

77Xは92㎝のようです。

ギヤ比はいずれも5.1:1です。

 

実際にPEラインを巻いてみると、66XにはPE3号が270mほど巻くことができました。

77XにはPE4号が270m、5号で200mほど巻けました。

 

 

海釣りで、より大物を狙うためには太いラインが沢山巻けることが必要ですね。

ちなみに、6、66、7や77もラインナップでありますね。

いずれもローギヤで、糸の巻き上げ量は少ないです。

 

3、4シリーズと66X,77Xの その他違い

 

カーディナル3、4シリーズのオールベアリングを取り外すには、特殊な工具が必要ですが、66X,77Xにはそれは不要です。

ビスを外せば簡単に、ボールベアリングが外せ、ウオームシャフトも外すことができ、完全に分解可能。

また、ベイルを戻す機構も違っています。

3シリーズ、4シリーズでは見たことの無い機構ですね。

カーディナル、6、7、66、77では、見慣れた機構を使用したモデルがあるようですが、66X、77Xは全く違います。

 

 

カーディナルも色々なタイプがあり、奥が深いですね。

 

ドラグ力

 

大物狙いとなると、ドラグ力が弱いと対処できないです。

正直3のドラグはまったく大物には対応できていないです。

4シリーズになると、一気にドラグ力が上がり、タイのアマゾンBKKでピラルクでも対応できてしまうほどです。

4kg程のドラグ力があります。

66X と77Xはさらに強く、実際にドラグチェッカーで測定してみると9kg程あります。

 

 

9kgあれば、かなりの大物が来ても大丈夫ですね。

30kg~40kg程度の魚でもオフショアなら対応可能かと思います。

 

他のカーディナルとの互換性

 

ボディーサイズが大きいので、3シリーズとの互換性は少ないです。

ラインローラーは、3、4、6、7皆同じ構造で、IOSさんのラインローラーハイパーをすべてのシリーズで使用可能です。

 

 

実際に、私の所有している33、4,44、66X、77Xに装着してみましたが、可能でした。

その他、共通なのは、ハンドルです。

ハンドルも全シリーズに装着可能です。

IOSさんのアジャスタブルハンドルでしたら、3から7シリーズまで装着可能ですが、IOSさんのハンドルノブは6や7には小さすぎて合わないです。

そこで、アベイルさんのハンドルを取り付けてみましたが、6には問題なく装着可能でした。

しかし、7には、ローターが大きすぎて、ハンドルが干渉してしまい。装着は難しかったです。

また、ベイルスプリングとベイルスクリューは、4、6、7と共通です。

 

 

ですので、4シリーズ用に販売されている強化べイルスプリングは、66X,77X共に装着可能です。

ヘッジホッグスタジオさん、トラウトマウンテン、杜の家ブルックで4シリーズ用の強化ベイルスプリングは購入可能です。

 

メンテ

 

海釣りをメインで使用すると、塩の影響もあるので定期的なOHが必要となってきます。

シマノ ステラ、ダイワ ソルティガの場合、なかなか自分でOHは難しいのですが、このカーディナルは構造がとてもインプルなので、自分で分解、清掃ができるのがとても良い点です。

釣行後毎に、分解洗浄できます。

ボールベアリングが錆びても、特殊なサイズではなく汎用サイズなので、ミネベアさんから出ている安価なオールベアリングに交換すればよいだけです。

ちなみに、サイズは内径10mm 外形19mm 幅 7mmです。

品番はDDL-1910ZZ NMB

2個で700円ほどで売ってます。

 

とても安いですね。

 

改造

 

カーディナル3シリーズは、沢山の改造パーツが販売されていますが、4、6、7シリーズはほとんどありません。

77Xの改造は、IOSさんのラインローラー ハイパーのみ。

 

 

油脂類は、IOSグリス、IOSオイル01&02、IOSデカクマグリスを使用します。

66Xのk材摠は、IOSさんのラインローラー ハイパー

アベイルさんの軽量タフボックス ハンドル HDT-CD 50mmです。これは カーディナル、3、4用ですが、66Xにも使用可能。

また、アベイルさんのプロテクティングリングを装着可能です。

このアベイル タフボックスとプロテクティングリングでかなりの軽量化が可能です。

ハンドルノブは、夢屋(シマノ)18ハンドルノブ T型 Mサイズを装着。

このノブには別途、ボールベアリングが必要です。

 

 

アベイルさんのタフボックスハンドルは、色々なメーカーのノブに対応しているのがいいです。

 

 

IOSのアジュアスタブルハンドルも66X,77Xに装着可能ですが、IOSさんのハンドルノブしか使用できないのがデメリットです。

カーディナル66X,77Xには、大きなハンドルノブ以外は似合わないし、大物には小さなノブでは少し心もとないです。

 

用途

 

私は、現在、タイに住んでいるので最近ハマっている、プーケットでの釣りに66X&77Xを使用するために購入しました。

77XはGT狙い

66XはGT以外の魚用です。

プーケットのGTは50kgオーバーはなかなかでないようです。MAX30kgクラスかと思います。

そのサイズなら、カーディナル77X PEライン4号でも オフショアなら対応可能かと思います。

プーケットでGTを狙っていると、時折、カツオ、小型のマグロがボイルしています。

その時に、カーディナル66Xで狙うために使用しようと思います。

まだ、この原稿を書いている時点では66X、77Xでは魚を釣ったことはありませんが、おそらく可能であると考えます。

オールドカーディナル77Xで、30kgクラスのGTを仕留めたいですね。

 

 

下記YouTubeでも、カーディナル66Xと77Xの動画をアップしていますので、よろしければ覗いてみてください。

 

66Xの動画

 

77Xの動画

 

 

最後までありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

アッキー

タイランドに駐在する釣り吉のブログです。 アンバサダー、カーディナル等のタックル情報、怪魚釣り釣り情報を発信しております。 YouTubeもやってますので宜しくお願いします。

-カーディナル
-

© 2021 どえりゃあ釣りチャンネル Powered by AFFINGER5