タックル Tackle

驚異のジャイアントベイト‼️ デプス コードネームバス レビュー


Deps Code Name Bass


デプス Webメンバーのみが、正規で購入できるルアーは色々あります。

有名どころでは、ブルシューターJr.が有名かと思います。

私はWeb会員ですので、ついつい衝動買いしてしまいました。

値段は税抜きで、15000円

2019年の1月8日から14日に受注をしておりました。

“コードネームバス”と言う名前のルアーです。

バスは獰猛な魚で、同じ仲間まで捕食してしまいます。

その習性を利用した、バスルアーは色々ありますが、これ程のインパクトのあるルアーは未だ見たことがありません。

名前もまた、プロトタイプ名をそのまま製品名にしてしまった様な “コードネームバス” です。

さすが、Deps さんです。

ぶっ飛んだ男らしいルアーを作ってくれますね。

 

細部紹介


立派な箱に入ってます。

 

 

ルアーではないみたいです。

中を開けると

 

 

スプリットリング、フェザーフックと、特殊なパーツが入ってます。

 

 

ビッグベイトは、顔にアタックされる事が多いので、頬っぺたの穴にこの特殊なパーツを刺してフックを両頬に装着できます。

 

 

こんなところにフックを付けたらどんな動きになるのでしょうか?

 

 

フェザーフックはかなり大きいですが、太軸ではなく刺さりは良さそうです。

 

 

スイベルになっており、バレにくい様配慮されてます。

 

 

コードネームバス SS

SSはSlow Shinking スローシンキングと言う意味ですね。

 

 

長さは29センチ

デカイです。

60クラスのバスはこんな大きなバスを捕食しているのでしょうか?

 

 

重さも測ってみましょう。

 

 

フックなしで、330グラム。

重たい。

 

 

私の持ってるタックルで、アブワールドモンスターWMonster WMSC-734Hが300グラムまでキャストできるので、これなら何とか投げれるかな?

 

 

艶かしい、リアルな顔です。

デプス さんは、本物以上にリアルと謳っていますが、納得ですね。

 

 

目も本物みたい

 

 

ジョイント部分。

デプス さんお決まりの、ソフトマテリアルでルアーをカバーしてますね。

これまた、リアル。

 

 

本当に男らしいルアーですね。

こねような物作りへの姿勢にとても好感が持てます。

近々“ギラギラコウゲキ”という、更に大きなジャイアントベイトが発売される予定の様ですね。

これもまた、即バイトしてしまいそうです。

 

さて、何処で使用する?


しかし、購入したは良いが、何処で使用するのか?

日本では、池原、琵琶湖で使えそうですが、タイランドでは使い所がイマイチ思いつきません。

ブーンマーポンドの巨大なバラマンディならアタックしてきそうですが、ここの池、何でも釣れるので、この様な高価なルアーを使うのはもったいないですね。

ブンマーポンドについてのブログは下記リンクを見て下さい。巨大なバラマンディが入れ喰いです。

 

デプス、スミス、アブ タックルでバラマンディ釣行‼️1 ブンマーポンド

 

日本に本帰国した際に、琵琶湖でデカバス狙いに行くまでは、部屋のオブジェで使用する事にします。

 

最後までありがとうございました。

 

 


-タックル Tackle
-

© 2020 どえりゃあ釣りチャンネル Powered by AFFINGER5