絶対釣るぞ‼️ピラルク釣行記5-1 アマゾンBKK 前編



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
2017年10月21日 アマゾンBKK

またここに来てしまいました。最近は完全にピラルク中毒にかかっております。ピラルクを釣らないと居ても立っても居られないです。あの、豪快な捕食音と、ゴンっという強烈なアタリが忘れられません。

今日の目標はいつもと同じで3匹です。

朝一

6時30分スタート

先週の大雨で、池の水綺麗になっております。いつもはマッデイーですが、今日はさほどマッデイーではありません。水位もマックス。フレッシュウォーターで、魚の活性が高い事を期待します。

朝一いきなりトップでヒットするも、またドラグ締め過ぎ、緩めよとした矢先にラインブレイク。何という失墜でしょうか。朝から自分自身嫌になります。完全フルロック状態でした。

やはり朝一はボーとしているので、今後はドラグ調整は前日の夜にすることに決めました。

気を取り直してた矢先、またトップでバンときましたが、今度は軽いバックラッシュを直しいたら、フッキングイマイチでバレてしまいました。

朝一から二連続で失態続き、今日は非常にやな予感がします。

その後はNO FISH。

餌やりタイム 午前

今日はタイ人のお客さんが私以外に3人、内2名はフライフィッシングです。

餌やりタイムは人が多いと、ラインがクロスしたりと釣り辛いです。

何時もの様に、トップで攻めますがアタリなし。

そこで、デプス ブルフラット5.8インチノーシンカー。

前回このワームで、他のお客さんが餌やりタイム以外で良く釣っていたので今回は私も用意いたしました。

フォーリング中にゴンッ!

結構引きます。左右ゴンゴン来るこの感じはピラルクのようですがレーッドテールのように走ります。ゴンゴンしながら走る感じです。これはかなりの大物かもしれないと期待をしながらランディング。

釣りあげてみるとさほど大きくないアベレージサイズピラルクー。なぜあんな強烈なファイトができるのでしょうか?

きっとムキムキマッチョなピラルクなのでしょう。

とりあえず1匹で一安心です。

ロッド:アブ  ワールドモンスターWMSCー734H 4ピース パックロッド

リール:アブ アンバサダー 5500CS改

9:30~11:40

その後はいつものように釣れません。

岸際に魚が集まってきておりますが、なかなか口を使ってくれまえん。

岸際に食べ残したティラピアの死骸がいたので、それを取って投げてみると、

バフォー!とピラルクが食べてしまいました。

これはTOPで行けるかもと思い、トップでキャスト。ステイ中にピラルクが寄ってきます。ルアーを見に来ました。しかし、ルアーの目の前まで来て見事見切り、引き返してゆきました。やはりここのピラルクはIQが高いです。なかなかだませないです。

少し風が吹いてきて、池面が波打ち立ってきました。さらにTOPをキャストしステイさせると、再びピラルクがルアーの下まで上がってきて、今度はバフォー!とHIT!です。波が出たので、本物かどうかじっくり判別できなかったのでしょう?



アベレージサイズですが、見事ピラルクとの騙し合いに勝利しました。うれしい一匹です。

時間は11:30分

ロッド :デプス ヒュージカスタム H2N-64R 3ピースロッド

リール :アブ アンバサダー 5501CS Rocket改

昼飯

午前中2匹のピラルクを釣りあげまずまずといったところで、昼食タイムです。今回は娘。息子、タイ人の友達ときているので、BBQです。

 

ここアマゾンBKKではこのように簡単なBBQも可能です。カセットコンロ型の網焼き機で簡単にBBQが楽しめます。またコンセントもあるのでホットプレートでも大丈夫です。(延長コードは必要です)

事前に電話でBBQしてもいいかどうか、確認しておいた方が良いかと思います。

空腹も満たされましたので、釣り再開。

AMAZON BKK 情報

 


昼食

ランチBOX,水等々店のスタッフに頼むと買ってきてくれます。とても暑いので水は持っていたほうが良いかと思います。

レンタルロッド

スピニングタックルがありますが、あまりお勧めしません。竿のパワーが少々弱いです。

レギュレーション

フックはルアー1個に1個まで、トレブルフックOK, かえしはペンチで潰してもOK。

ラインはPE3.5号以上

20cm以上の大型ルアーは禁止

餌釣り禁止、ルアー、フライのみ。

その他

事前にスタッフにチップ100バーツ程を渡すとサービスが良くなると思います。

午後の部へ続く。

絶対釣るぞ‼️ピラルク釣行記5-2 アマゾンBKK 後編

Share Button

もーこ 登録者

タイランドに駐在する夫婦です。2人でタイランドの情報をブログでUPしております。どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です