フィッシュマン(Fishman)BRIST COMPACT BC4 LH派❓それともMXH派❓



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

フィッシュマン ブリスト BC4 5.10 LH それとも MXH??

ビームスシエラに引き続き、フィッシュマン ブリスト BC4 5.10を購入致しました。

出来るだけ剛竿ではないが、ピラルクも狙えるロッドはないものかと探しておりました。あまり硬い竿ですと使える用途が限定されてしまうのでしなやかであるが大物も狙える夢のようなロッドがあればいいなと思っておりました。

ピラルク釣行でも、良く10から14グラム程度のこの池では軽量ルアーを使用しますが、なんせ剛竿ではキャストがしにくいです。

そんな中、フィッシュマンのロッドの存在をYOU TUBEの”でんでんまる釣人対談”で知りました。

正直初めて聞く名前のロッドメーカーで、最初は適当に聞き流しておりましたが、よくよく聞くとベイトキャスティングリールロッド専門メーカーで、凄いロッドを作っている事が分かりました。

1:  パックロッドでコンパクト

2:  キャスト時に良く曲がるので、バックラッシュしにくい

3:  大物がかかった時にはしっかり受け止めあまり曲がらない

4:  ティップの収束がよく、7グラムの軽量ルアーを狙ったポイントに正確にキャストできる

5: 5.1フィートの長さであるが、良く曲がるので飛距離も出る

まるで夢のようなロッドがフィッシュマンの5.10ロッドと紹介されておりました。

その中で例えとして BC4 5.10 LHで80gのメタルジグでジギングをしていた時、5kg程度のカンパチがヒットしたようです。

LHで5キロのカンパチとの戦いは結構悶絶のようで、あろうことかそれに150kgのサメが喰らいつき、見事釣り上げたとの体験談を赤塚ケンイチさんが語っておりました。

7gの軽量ルアーをピン打ちできるほどしなやかなロッドで、尚且つ150kgもの大物を釣り上げたBC4 5.10 LHは一体どんなロッドなのか!!!!

ブリスト 5.10開発コンセプト

赤塚ケンイチさんがこのブリスト 5.10を開発した経緯は、川幅20mから30mで両岸はえぐれていて、ひたすらオーバハング。

陸っぱり不可能な北海道のジャングルのような場所で、ウエーディングでイトウを狙う際に

1:イトウのメインベイトは小魚のトンギョ、ルアーは8センチほどの軽量ルアーがキャストできないといけない

2:オーバーハングの下を正確にキャストしなければいけない状況、さらにかかったら1mの巨大なイトウ。

軽量ルアーを正確にキャストでき、尚且つ巨大魚を釣り剥がせるロッドが市場にはなかなかなく、自分で開発したようです。

軽いルアーが投げれるロッドでは、巨大魚は釣り剥がせません。

しかし、巨大魚が釣れるパワーのあるロッドでは、軽量ルアーはキャストできません。

この一見相入れない要望を満たす為に開発したロッドがらブリスト 5.10のようです。

しかし、フィッシュマンのホームページには、100kgもの大物を狙うにはBC4のXHを推奨しており、LHは推奨されておりません。

LH:   ~5kgの魚

MXH:  ~10kgの魚

XH:   10kg~100kgの魚

XHはおそらく超剛竿で、ピラルクとの戦いでも全く問題ないかとは思いますし、そのクラスのロッドは既に持っておりかぶってしまいます。

ロッド購入

そこで、BC4 5.10 LHを購入を決意しました。

しかし、本当にLHでピラルクは大丈夫であろうかという心配もありMXHにしようか迷っておりました。

ブラックバスや、バラマンディ ならLHでも全く問題ないのですが、ピラルクは本当に大丈夫?

しかし、150キロのサメを仕留めたロッドですので、問題なさそう。

悩みに悩み、

ここは思い切って両方購入してみようという事でLHとMXHの両方を購入してみることにしました。

LH、MXH 比較

LH

スペック

自重:136g

ルアーウェイト:7~40g

ライン:PE1~5号

仕舞寸法:49cm

LH、MXHとも4ピースのパックロッドです。両社とも先重り感をなくすために、先端2ピースまでは塗装がされてなくカーボンブラックのままです。

MXH

スペック

自重:143g

ルアーウェイト:7~55g

ライン:PE1~8号

仕舞寸法:49cm

パット見た目は写真では分かりずらいかと思いますが、MXHの方が全体的に太いです。

MXHは剛竿感があり、これならピラルクでも大丈夫な感じです。

一方、LHはとてもしなやかでこれで本当にピラルクと戦えるのであろうかと思ってしまうほどしなやかなロッドです。

ロッドにリールを装着し200g位のおもりをつけ、リフトしてみました。

両方とも不思議な感じのする曲り方をします。各セクション毎に素材、製法を変えて作られているので独特な曲りです。

LHでもバット箇所はしっかりしているのでここで大物を受け止めることができるのでしょう。

継ぎ目はいずれも並継ぎで、しっかりとジョイント箇所に LH、MXHと記載されているので混ざってしまっても見分けられるような配慮がされております。

共にガイドはチタンとステンレスのKガイドで、PEラインが絡みにくくなっております。

割れない様にアルミ削り出しのフォアグリップです。大物がかかると、結構海外では割れたりするそうでしっかりと対策してあります。

写真ではわかりにくいですがMXHの方が若干太いです。

グリップエンドはお決まりの、魚の輪切りマーク”フィッシュマンマーク”です。

赤を基調としたリールなのでアンバサダー5600Cの赤ベロを装着してみました。

中々いい感じです。

グリップは滑りにくいようEVAとコルクを使用。

早速、ピラルク釣行でこの二本のロッドのポテンシャルを試してみたく思います。

最後まで有難うございました。

Share Button

もーこ 登録者

ブログ初心者のアラフォー主婦です。 趣味で漫画を描いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です