冒険用品×ツララ Jet Setter 63Cで 怪魚釣り! ピラルク釣行記 12 アマゾンBKK


やっぱりアマゾンBKK

 

新しくオープンしたアラパイマフィッシングパークで、前回見事にボウズを喰らってしまったので今回は大好きなアマゾンBKKにやってまいりました。

やはりここが一番なじみ深いし、良く釣れると再認識しました。

またピラルクのサイズも大きく、何度も来ているのでこの池の癖もわかっております。

あらためてAMAZON BKKが私にとってはいいなと思いました。

理由は良くわからないのですが・・・・????、今まで池を管理していた入れ墨オジサンはどうやらここを辞めたようです。

辞めた理由を聞いてもスタッフは皆、違う事を言っており辞めた理由は秘密なのでしょうか???

しかし、カンボジア人の真面目なスタッフはまだ居るので安心です。彼が色々細かな手入れをしたり実務を行うのでとても重要な方です。

もう一人、メイドさんのオバサンと新たな支配人でしょうか??オジサンも新顔でおります。

新顔管理人らしきオジサン 1人

新顔メイドのオバサン 1人

実務担当カンボジア人 1人

と3人で運営するようですね。

Jet Setter 63C レビュー

今回のメインは新たに購入したJetSetter63Cの実践レビューです。

開封レビューは以前ブログに記載したので省きますが、このロッドのポテンシャルはどの程度なのかアマゾンBKKの怪魚達を相手に実体験レビューをしたく思います。

JetSlow(冒険用品)×TULALA(ツララ) ジェットセッター 61C と 63C レビュー!

見た目はさほど剛竿とは思えないロッドで、とてもカッコいいお洒落なロッドですが、実際のポテンシャルはどうなのでしょうか?

本日のタックル

<1>

ロッド:      Jetslow  Jet Setter 63C

リール: アブ アンバサダー 5501CS ROCKET FACTORY TUNED

ライン:  サンヨーナイロン GT-R PE6号 100m

<2>

ロッド:      Fishman ブリスト BC4 5.10 MXH

リール: アブ アンバサダー 5501CS ROCKET BEST TUCKLE TUNED

ライン:  サンヨーナイロン GT-R PE6号 100m

<3>

ロッド:     DEPS ヒュージカスタム H2N-64R

リール: アブ アンバサダー 6001C オリジナル  TUNED

ライン:    バリバス PE10号 100m

 

今回は少なくシンプルにパックロッドのみ3本で臨みます。

また、ドラグを緩く、出来るだけリールのメインギアをいたわりたく思うのでラインは余裕の100m巻です。

この池では巻量100mあればどんなにドラグを出されても大丈夫です。

巻量80mの場合は力でねじ伏せる、もしくは、自分が魚にに近寄ってゆけば大丈夫ですが今回は余裕を持って100巻のみで臨みます。

スタートフィッシング

前回紹介した、下記NEW ギル型ルアーも実践で試したく思います。

・ギルフラット

・ギルフラットスイマー

・ジャイロギル

・ジャバギルインライン

先ずは、ギルフラットスイマー

なかなか良い動きをしますが、超デッドスローとなるとあまり動きが良くありません。

中速リトリーブならとてもなまめかしい動きです。

朝一はこのルアーで攻めましたが中々アタリがありません。

諦めて、何時ものデプス ブルシューターJr. シンキングタイプにチェンジです。

すると、すぐにHIT!

しかし、バレてしまいました。

しかし、次のキャストでまたしてもHIT!

ブルシューターJr. 凄いルアーだと思っていた矢先に

アリゲーターガー、しかも背中辺りにスレ掛かり。

ガーさん変なところにフッキングして、申し訳ありません。

しかし、Jetsetter 63C初フィッシュとなった記念すべきアリゲーターガーです。

このロッド、非常に素直に投げやすいロッドです。

少しパワーが弱く感じ、あまり引かないアリゲーターガーでもその引きを楽しむことが出来ます。

しかし、しっかりと粘るので不安を感じる事は全くありません。

ガイドが小さく、FGノットが引っかかり易いのではと心配しておりましたがさほど引っ掛かりは起きず問題ないレベルです。

見た目もCOOLで性能も申し分ないロッドです。

GOOOOOOD!

しばらくして、ブルシューターJr.をキャストしていると又してもHIT!です。

凄く走ります。

おそらくレッドテールキャットフィッシュかなと思い、ラインが出てゆくのを見ているとフックオフ。

またしても、ばらしてしまいましたが、Jetsetter63Cはレッドテールの強烈な走りにも十分に耐えておりました。

なかなかいいですね。

餌やりタイム

餌やりタイムには新投入のジャバギルインラインで臨みます。

このルアーは、最初からフローティングでありながらインラインシステムでルアーの損傷が軽減できるのがいいです。

また、デッドスローリトリーブでもしっかりと泳いでくれるので、ピラルク向きのルアーかと思います。

本日は、客は私以外いないので気軽に餌やりタイムを楽しめます。

表層をゆっくりとルアーを泳がせます。

するとHIT! 直ぐに来ました。

左右に首を振るこの感覚はピラルクでしょう。

しかし、フックオフ! 残念

気を取り直し、ジャバギルをキャストします。

直ぐにHIT!

この強烈に走る感覚は、そうレッドテールの引きです。

15分程格闘し

まあまあサイズのレッドテールです。

日本の鯰のように表層で喰ってきました。

今まではあまり経験ないのですが、最近ちらほら表層で喰っている鯰を見ていましたのでそのパターンですね。

さらにキャストしていると、HIT!

1人ですので、楽々HITします。

左右に揺れる感じ、ピラルクでしょう。

と思った矢先フックオフ。

本日は良くバラシますね。

さらにジャバギルをキャストし続けます。

すると又してもHIT!

凄い引きです。

しかし、ピラルクではない感覚でおそらく鯰であろうと15分程格闘すると・・・・

プラーテーパーです。

久しぶりにこの魚を釣りました。この魚はレッドテールよりも引きは強い感じがします。

結構、この1匹で疲れます。

この1匹で、餌やりタイムは終了です。

残念ながら、ピラルクはHITするも釣れず。

10時~12時 通常タイム

再び、池は平穏を取り戻します。

この日は曇りでさほど暑くはなくタイにしては快適な日でした。

アタリの多かった、ブルシューターJr. で攻めていると、HIT!

Jet Setter63C 2匹目のアリゲーターガーです。

何時ものように、なかなかピラルクは釣れません。

しかし、通常タイムで Jetsetterで2匹目を釣り上げまずまずといったところでしょうか。

この1匹を釣り上げた後に、昼食を取り車の中で昼寝です。

朝早く起き、怪魚4匹を釣り上げたので結構疲れております。

昼からの釣りに備えます。

13時~16時

この時間は全然釣れません。特に13時~15時はアタリが全くありません。

負けづにキャストします。

新しいルアーのテストもこの時間に行いました。

<ブルフラット>

ブルフラットは、推奨フックを持ってくるのを忘れてしまいサイズの大きい5/0でテストしました。

サイズが合っていないのか、イマイチで斜めに泳いでおります。しかし、斜めに傾いている以外はなかなか良い泳ぎです。

<ジャイロギル>

このルアーは確かにデットスローでテールをプリプリさせて泳ぐのですが、ブリキンスイマーと比較するとイマイチアピールが弱い気がします。

ブリキンスイマーの方がデッドスローで、ボディー全体でアピールします。

という事でブリキンスイマーにルアーチェンジです。

すると、岸際でバイト!

そしていつものガーです。

Jetsetter63C で本日3匹目のFISHです。

ブリキンスイマーのテールはガーの鋭い歯で見事に食いちぎられ御臨終です。

しかし、ガーばかり良く釣れますね・・・・・

15:00頃 ティラピアの生簀にはほとんど魚がいません。

餌やりタイム大丈夫かな???と心配していると、管理人がティラピアを買いにゆきました。

16:00餌やりタイム

そして、戻ってくると餌やりタイムが始まりました。

ジャバギルで表層を泳がしていると、HIT!です。

ピラルクの感覚ですが、毎度のバラシです。

無念!

なかなか釣らせてくれません。

表層にあまり魚がいなくなったので、デプス ブルフラット 5.8インチをフォールさせると。

ドン!

ラインが出てゆき、何時もの鯰の感覚です。

本日 JetSetter 4匹目はブリブリのレッドテールキャットフィッシュです。

この魚は猛烈に引きますが、見事JetSetter63Cはこのファイトに耐えてくれました。

この魚が問題なく取れるという事はピラルクも問題なく取れるという事です。

このロッドもアマゾンBKK 1軍で十分使用出来るロッドであると確認ができました。

しかし、まだピラルクはノーフィッシュ!

表層が騒がしくなってきたので、ジャバギルにチェンジです。

表層をゆっくりゆっくりと泳がせると・・・・・・

バン!!!!と激しく、そしてカッコよく、明らかにピラルクがバイトしたとわかる豪快なバイトがありました。

真赤なテールが確認でき、何と、素敵なバイトシーンでしょうか!!

左右にヘッドシェイクをさせながら、ラインはドンドン出てゆきます。ドラグは少し緩めなので長期戦となりそうです。

対岸に行ってしまう勢いでラインが出てゆきます。

これはかなりの大物ではと期待に胸を膨らませます。

15分程一進一退を繰り返し。

遂に、ピラルクは力尽きたようです。

150cmのブリブリ太ったピラルクです。

凄い強烈なファイトでした。

遂に、ピラルクをキャッチする事が出来ました。

ジャバギルインラインは餌やりタイムに効果的なルアーですね。

稀に鯰も喰ってきますが・・・

この1匹で十分満足し、ストップフィッシングです。

<本日の釣果>

アリゲーターガー3匹

レッドテール  2匹

プラーテーパー1匹

ピラルク 1匹

計   7匹

と数だけはまずまずの釣果ですが、ピラルクの数が少ないですね。

次回はJetsetter63Cでピラルクを釣りたく思います。

最後まで有難うございました。

 

Share Button

もーこ 登録者

ブログ初心者のアラフォー主婦です。 趣味で漫画を描いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です