釣って良し❗️食べて良し❗️タイランド 太刀魚ジギング釣行‼️


タイランドで太刀魚釣行

 

2月下旬、タイランド(タイ王国)  シーチャン島近郊での太刀魚釣行です。

下記リンクで紹介したメタルジグにて太刀魚を狙います。

よろしければ覗いてみてください。

 

タイランドで使用する、太刀魚用メタルジグレビュー‼️

 

私にとっては初めての太刀魚釣りです。

太刀魚どころか、今迄ジギングで魚を釣った事すらありません。

今回チャーターした船は ワンチャン船長の船。

ワンチャン船長はタイ駐在日本人フィシャーには有名な方のようです。

船長は、どうやら何隻か船を持っているのか?

それとも仲間内で客をシェアしてるのかわかりませんが、ワンチャン傘下の船に乗船しました。

有名な船長の配下の船ですから、きっといいポイントに連れて行ってくれるのでしょう。

 

8時頃、出航

 

船で、ポイントまで向かいます。

 

 

正直、あまり早い船ではありません。

ゆっくりとポイントに向かいます。

 

 

到着です。

 

本日のタックル

 

 

(1)

ロッド: フィシュマン ブリスト BC4 LH

リール: オールド アブ アンバサダー 6000C

右巻

ライン:   PE4号 300m

ショックリーダー  ナイロン70lb

ワイヤーリーダー

(2)

ロッド: 冒険用品 ジェットセッター 61C

リール: アブ ビッグシューターWM60-L 左巻

ライン:   PE4号 250m

ショックリーダー  ナイロン70lb

ワイヤーリーダー

(3)

ロッド: フィシュマン プリストBC4 MXH

リール:  アブ アンバサダー 7000C 右巻

ライン:   PE6号 300m

ショックリーダー  ナイロン130lb

今日はこの三本。

アンバサダー7000Cはナブラが出たら、ポッパーをキャストする為に持ってきました。

バラクーダや、クイーンフィッシュが釣れたらいいな。

 

太刀魚には、Fishman LH と Jet Setter61Cで臨みます。

 

 

スタートフィッシング

 

まずは、メタルジグ ダイワ   鏡牙 スタンダード 100g パープルを落とします。

水深は50m程です。

どの棚に太刀魚がいるか分からないなで、底からひたすらシャクリます。

全くあたりなく、ジグを色々変えるもアタリなし。

対面にいる、他の船もアタリは無いようです。

中々厳しいスタートです。

 

ジグサビキ

 

メタルジグに反応がないので、ジグサビキで遊んでみようとセットします。

サビキはハヤブサさん

 

 

メタルジグもハヤブサさんの90g SLOW

とても短いジグです。

 

 

フックはインチクです。

何か釣れないかな?

と、シャクっていると、

ゴン!

ヒットです。

凄いなジグサビキ。

底から10回程シャクったらきました。

果たして何が釣れたのでしょうか?

おー!

小さな太刀魚がヒットです。

メタルジグが、太刀魚の腹に刺さってました。

残念ながら記念すべき初太刀魚は写真を撮り忘れ。

 

さらに、ジグサビキでシャクるとまたしてもヒット。

今回は、ドラグが出てます。

結構な大物?

なんだろ?

ヒシヨロイアジかな?

と思ったら、結構な大きさの太刀魚です。

今回は、サビキが太刀魚のお腹に刺さってました。

 

 

この魚も、写真の撮り忘れ。

ジグサビキ太刀魚にも効果絶大ですね。

 

 

しかし、ワイヤーリーダーが無いので何時太刀魚の鋭い歯で切られるかわからないので普通のジグに変更です。

 

若干場所移動でジギング

 

何となくコツを掴んだのでメジャークラフトさんのジグパラ バーチカル ショート ピンク100gにしてシャクリます。

シャクリながら、ふと思いました。

先程のジグサビキは色はピンクでインチク付き。

ピンク色で、インチクがいいのでは?

そうだ、ジグパラのフロントフックをインチクに変更してみよう。

と言う訳で

 

 

仕様変更です。

すると、早速フォール中にヒット‼️

読みが的中です。

ヒットした直後は、結構暴れ引きが強いです。

しかし、あまり持久力はなくポンピングなしで上がって来ます。

アンバサダー6000Cは1972年製造の古いリール。

ギア比はなんと、3.7:1の超ローギア。

巻き上げるトルクは強いのですが、超高速でハンドルを回さないといけません。

 

高速、巻き巻き巻き巻き。

 

 

まあまあ大きなサイズ。

しかも、インチクをしっかりとバイトしてました。

やりました。

人生初のメタルジグ単体での太刀魚。

 

 

凄い歯ですね。

魚体はシルバーでとても綺麗。

自分の思い描いた様に釣れるのは釣った感がありますね、

そして、次は

さらに、着底から20回程シャクルと

ヒット‼️

なんと!2連続ヒット‼️

 

 

インチク、ピンクジグパラ最高。

 

 

値段も安くて、さらに最高‼️

 

 

色々な船が集まってきた

 

それから、暫くアタリがなく。

他の船が集まってきました。

やはりここはタチウオには良いポイントなのでしょう。

 

 

周りには、私の船を合わせ4隻です。

皆、太刀魚狙いの様でパラパラ釣れてます。

しかし、私にはヒットなし。

ジグをダイワさんの鏡牙 セミロング パープルゼブラ 100gにインチクをセット。

 

 

そして、シャクリます。

アタリは何回かありますが中々乗らないです。

一瞬重くなるのですが、直ぐにフックから外れてしまいます。

しかし、遂に鏡牙 パープルゼブラ ジグにヒット‼️

かなり引きます。

相当デカいな。

ビッグシューターのギアは7.3:1のハイギア。

その為、巻き上げるトルクが小さいので巻き上げがイマイチスムースに行きませんね。

回収は楽ですが、負荷がかかると巻きにくい。

ミディアムギア位が丁度良いな。

カクカクと巻き上げ

 

 

これもまあまあのサイズ。

 

 

何度もアタリがありましたが、遂に鏡牙で釣れる事ができました。

 

 

その後インチク無しジグでも釣りたくなり、鏡牙 レギュラー サイズにて15時まで粘りました。

しかし、アタリすら無かったです。

やはり、インチク仕様の方が反応良いのかな?

 

 

5匹釣れましたし、今夜の晩飯には十分かな。

初めての太刀魚釣りにしてはマズマズ。

納竿。

 

和食居酒屋”さんや“さんで調理

 

バンコクまで戻り、プロンポンの“さんや”さんに調理依頼しまた。

 

 

シェフはタイの方ですが、日本料理には精通している様です。

 

 

お刺身。

美味い。

 

 

謎の焼き太刀魚。

タイ風 タチウオ焼き?

 

 

太刀魚のカツレツ。

初めて太刀魚カツを食べましたが、美味しいですよ。

 

 

お吸い物。

 

太刀魚は釣って楽しく、食べて美味しく一石二鳥で最高です。

また、次回も太刀魚釣り計画するとしましょう。

 

最後に

 

翌日、ジグをチェックしていると

 

 

フックの紐がボロボロ。

太刀魚の歯にやられたのでしょうか?

毎回釣り上げたらチェックしないといけませんね。

 

 

釣行後、すぐに水に浸けて塩抜きしたはずでしたが、アンチョビフックが錆びてしまいました。

フッ素コーティングしてあるので錆びにくいかと思っておりましたが、どうやら違うようです。

もっと良く洗い、サラダ油でもつくておくべきでした。

リールについてですが、ジギングはシャクリでかなり腕が疲れます。

右巻きリールと左巻きリールの二本有れば、左腕、右腕で交互にシャクれるので腕の疲労感が軽減されます。

私は左右二本でやっても、両腕はパンパンで握力も低下し、相当疲れました。

これが片腕だけですと、、、、、私は無理です。

太刀魚釣りをYouTubeでもアップしましたので、よかったら見てみて下さい。

下記リンクが太刀魚釣行YouTubeです。

 

最後までありがとうございました。

Share Button

アブ 登録者

タイランドに駐在する釣り吉のブログです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です