アブ(Abu)で菅釣り、渓流デビュー計画 その1

Pocket

日本の釣りへの憧れ

タイのマッデイーウォーターで、怪魚釣りばかりしていると、ふと日本の渓流や管理釣り場に居るトラウト系の魚に憧れが出てきます。

透き通ったクリアーウォーターで、綺麗な魚を釣ってみたい。簡単なキャンピング道具で綺麗な自然の中コーヒー入れてみたい。

等々、無い物ねだりばかりしてしまいます。

日本には二ヶ月に一回ほど仕事の関係で帰国しているので、その土日を利用し、レンタカーを借りれば実現可能ではないかと思いつきました。

しかし、今まで菅釣り、渓流釣りの経験はほとんどないので、道具から揃えて少しずつ勉強しなければいけません。

道具調達 その1  リール

渓流、菅釣り用のリールは持っていないので、まずはスピニングと言うことでアブ カーディナル33 復刻版をヤフオクで購入。

このままでは使えないので色々手をくわえました。

詳しくは下記ブログに記載されております。

管釣り、渓流専用のスプールも購入しました。

巻き量などが記載されていて、カッコイイですね。

 

究極の造形美‼️ アブ カーディナル33 IOS フルチューン

ベイトフィネスにもトライしたいので、アブ アンバサダー2501を検討するも、ヤフオクでの値段が高すぎて手がでません。

 

非常に流通量が少なく、高値取引がされている様です。

スピニングは左巻きなので、疲れたら右巻きのアブに変え、ローテーションさせて釣りが出来ると前向きに考えます。

早速2500Cの赤を購入し、グーバーリールワークスさんに、フルチューン依頼しました。

しかし、アベイルの軽量スプールが品切れで2017年12月末入荷予定との事です。

現在はスプールを待っている状態です。

アブ アンバサダーで2gクラスのスプーンをかっ飛ばしたいですね。

また、出来上がりましたらレビュー致します。

道具調達 その2 ロッド

スピニングロッドはカーディナル33に似合うクラシカルな見た目の物が欲しく目に付いたのは、イトウクラフトやカスケットのロッドです。

とてもカッコ良くイカしたロッドだが、値段が高すぎて敢え無く断念。

色々調べてみると、テンリュウという会社が自社でブランクスから作成したロッドがあり、なかなかクラシカルな見た目なのでそれに決定。

早速ヤフオクで探して、中古をお値打ち値段でポチッとな。

シェリー CR50ULです。

既に廃盤モデルですが、グリップ周りが木製でクラシカルでクールな見栄えです。

メーカーのウンチクは

[渓流等で最もスタンダードなレングスモデル。若干ハリのあるティップはアップストリームでの激しいロッドアクションを確実にルアーに伝えることができ、渓魚の激しいバイトをハジくことなくフックアップすることが出来るアクションに仕上げています]

との事です。

定価は36500円

83g

5.6ft

軽くて、扱いやすそうなレングスです。

リールを装着すると

こんな感じで、カッコイイですね。

スピニングタックルは一応これにて用意ができました。

ベイトフィネスロッドは現在フィッシュマン、ビームスSierra5.2ULを候補にしております。

ベイトロッド専門メーカーで、メーカーの宣伝ではピンポイントにキャスト出来る優れたロッド、しかもバットがしっかりしているので70センチオーバーが来ても大丈夫と言う売り文句がとても興味をそそります。

フィッシングランド鹿島槍で大物イトウなども狙ってゆきたいので、しっかりとしたバットのフィッシュマン良さげです。

ヤフオクでお値打ち品がでたら、そろそろ購入しようと思います。

次回は小物編です。

最後までありがとうございました。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です