オールド アブ カーディナル3をIOS,アベイルパーツでポンつけ改造。  

カーディナル

オールド アブ オリジナル カーディナル3を改造!

1981年オールド カーディナル3

 

何とかギリギリオールドと呼べる、オリジナルカーディナル3をヤフオクで購入しました。

程度は良く、アタリの個体であると思います。

この年代のカーディナル3は、1970年代のカーディナル3,33などと比較すると、まだ買いやすい値段であるかと思います。

オリジナルは付加価値が高いですね。

 

 

カーディナル3の改造

 

カーディナル3シリーズは、アフターパーツが豊富な為、自分でポンつけ改造が色々できるリールです。

ノーマルのまま使うのも、カーディナルを楽しむ方法の1つであると思いますが、私は、いつも改造したくなってしまします。

ヤマワークスさんに依頼して改造してもらう方法もありますが、一部切削を加えるそうなので、オリジナル個体に何時でも戻せるようにしたいという思いから、色々改造パーツを購入しました。

これなら、いつでもオリジナルに戻すことができます。

復刻版なら、ヤマワークスでチューニングしてもいいかなと個人的には思いますが、オリジナルは大事にしたいです。

 

改造パーツ紹介

 

<1>

IOS クイックキャスト

<2>

IOSラインローラー

<3>

IOS カナリヤバネシステム

<4>

IOS Cシステム(廃盤品)

<5>

IOSエコノマイザー

<6>

IOSウッドノブ 花梨

<7>

アベイルチタン64スクリュー

<8>

アベイル プロテクティングリング

 

上記パーツ代だけで・・・、、、 目がくらみそうです。

 

リール代金とパーツ代金で ステラ買えるんじゃないない???

確実に買えますね。

旧車と同じで、古いリールにはお金がかかりますね。

 

IOSクイックキャスト

 

 

ベールが途中で止まるようになっており、素早くベールを返すことができるパーツです。

また、整流効果で飛距離もアップするそうです。

 

IOSラインローラー

 

 

糸ヨレ軽減とスムーズなドラグ性能を得ることのできるカーディナルの定番パーツです。

PEラインにも対応しておりますので、PE派にも安心して使用できます。

 

IOSカナリアバネシステム

 

 

このパーツ、カーディナルの欠点である、巻きが重い症状を解消してくれるとても優れたパーツです。

巻き心地が大幅に向上します。

また、カリカリ音も小さく、品良くなります。

 

IOS Cシステム

 

 

このパーツは既に廃盤パーツですが、昔購入したパーツを取り付けました。

ドラグがスムーズに出る効果と、スプールのプリン状態を改善してくれる効果があります。

ドラグは、ボールベアリング入りのドラグシステムとなり大幅に改造されます。しかし、フリションワッシャーが1枚しかないのでドラグ力は低めです。

その為、私は、フリクションワッシャーを2枚装着して、ドラグ力アップしております。

詳しくは、YouTube動画で見れますので、最後にリンクを貼っておきますのでそちらもみてくださいね。

また、このシステムには、専用のシャフトも付属しており、それに交換することでラインのプリン化現象を低減できます。

しかし、残念ながら、このカーディナル3とは相性が悪く、スプールがローターナットに干渉してしまう問題が発生してしまうのでこのシャフトは取り付けられませんでした。

 

IOSエコノマイザー

 

 

このエコノマイザーは、装着すると、上記写真赤線の様に逆テーパーがつくので、プリン状態を改善してくれるとても単純な改善パーツです。

実際に糸を巻いてみたら、並行巻きになっておりますので、簡単確実に効果を体感できるパーツかと思います。

 

IOS ウッドノブ 花梨

 

 

IOSのウッドノブは、見た目、触り心地最高の逸品です。

この木目が、カーディナル3のクラシカルな雰囲気にとても良くマッチします。

また、触り心地も最高で、無意味にハンドルをつい回してしまいます。

欠点はIOSのハンドルもしくは、カーディナルの純正ハンドルにしか取り付けができないことです。アベイルさんのハンドルには取り付けできません。

 

アベイルチタン64スクリュー

 

 

カーディナルのスクリューをなめてしまう時がありますが、これは、純正よりも強度があるので、なめ難いです。

また、4.3gの軽量化もできます。

良く、カーディナルをばらす方には、ナメルリスクが低減するので、交換しておいても良いかと思います。

 

アベイルプロテクティングリング

 

 

地味なパーツですが、質感がとてもよく、また、同時に軽量化もできます。

小さなパーツなのですが、結構重たいパーツです。

3.5g程軽量化できます。

 

まとめ

 

以上、簡単にポン付けできるパーツですので、いざリールを売らないといけない状況になっても、いつでもオリジナルに戻せるのが良いところです。

次回は、ポンつけではなく少し加工が必要な改造も紹介したいと思いますので、ご期待ください。

 

 

YouTube動画でもこの内容をより詳しく見れますので、よろしければ覗いてみてください。

 

 

最後までありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

アッキー

タイランドに駐在する釣り吉のブログです。 アンバサダー、カーディナル等のタックル情報、怪魚釣り釣り情報を発信しております。 YouTubeもやってますので宜しくお願いします。 https://www.youtube.com/channel/UCKhi0W_iarA98b9bOtX3lKQ

-カーディナル
-

© 2021 どえりゃあ釣りチャンネル Powered by AFFINGER5