ロッド

GT対応、トランスセンデンス LauLauラウラウ 8.3GT-S Rev1.0 レビュー!

GT用パックロッド探し

 

スピニング用GTパックロッドが欲しくなり、物色していました。

必要最低条件としては、スーツケースに収まる事です。

有名どころのシマノ、ダイワ、ゼナックのロッドはいずれも3ピースで、仕舞寸法は90cm以上とスーツケースに収めるには大きすぎです。

スミスさんからはOLP-S76XH/C4 という、GT、クロマグロ対応の4ピースロッドがあり、このロッドにしようか相当悩んでいました。

仕舞寸法は70㎝、重さ418gで、スーツケースには収まるサイズです。

しかし、ロッドの長さが7.6フィートと少し短いです。

飛距離も重視したかったので、やはり8フィート以上は欲しいと思っており、なかなか購入を決断するには至りませんでした。

 

トランスセンデンス

 

そんな折、インターネットで調べていると、トランスセンデンスという聞きなれない会社から、ラウラウ(LauLau)というGT対応のロッドがあることを発見しました。

しかし、トランスセンデンスって何?という感じでした。

さらに調べると、キングオクトパスから販売権を譲渡された会社とのこと。

キングオクトパスは、怪魚用のロッドを販売している会社であることは知っており。

役員に、怪魚ハンターの沖山朝俊さんが名を連ねている会社です。

キングオクトパスなら知っているし、怪魚に強いイメージでしたので、検討することに。

そして、購入。

 

SPEC

 

 

ブランクスは4ピースで、とてもコンパクトになります。

仕舞寸法は52cm。

1st、2nd 、3rdセクションはカーボン地いクリアー塗装されているだけで、塗料は塗られていません。

おそらく、少しでも軽量化し、先重り感をなくすためと思われます。

 

 

4thセクションは黒の塗料でしっかりと塗装されています。

 

 

1stと2ndはキャスト性能と、遠投性能を重視したブランクス。

3rdと4thセクションはリフティング性能を重視したブランクス。

マルチピースなので、セクション毎に特徴を変えられるのがマルチピースロッドのメリットの一つですね。

 

全体的に、とても厳ついロッドです。

ヘビーカバーで使用する、雷魚ロッドと同じような厳つさです。

スピニングロッドですが、雷魚釣りに使えそうです。

最大リフト重量は15kg。

最大ドラグは10kg。

あまりドラグが強いと、人間が壊れそうですね。

GT、クロマグロ,ヒラマサ、100kgオーバー巨大ナマズを対象にしているので、必然的に厳つくなります。

ガイドは、チタンにSICガイドで、竿先以外、すべてWフット、Wラッピングです。

とても大きなガイドで、太いPEラインとリーダーを結束してもスムーズにラインが出てゆきそうな感じです。

ブランクスとガイド合わせて、実測重量は約180gでした。

 

なんとグリップは2本

 

このロッド、グリップが2本付いてきます。

1本は、普通のグリップ。

もう1本は、2分割でき、分割後はとてもコンパクトになるグリップです。

普通の分割でいないグリップは、軽いのですが、長さが77cmあり、大き目なスーツケースに難とか収まるサイズ。

一方、分割可能グリップは、分割すると53㎝ほどに短くなり、飛行機の機内持ち込みもできてしまうサイズです。

素晴らしい携帯性ですが、1点問題があります。

それは、ズバリ 分割式のグリップは重すぎます。

 

 

金属パーツで継ぎ目が構成されているので、強度面を考慮して重たくなってしまったと思います。

グリップだけで400gほどあるので、よほど携帯性を重視する方以外は、あまり使用する出番は少ないのではと思います。

しかし、私は例外的にこの重たいグリップのほうがありがたいです。

 

使用するリール

 

一般的に、このクラスのGT、マグロ、ヒラマサを狙う方は、シマノで言えば、ステラ、ツインパワーの14000番以上のリールにPE8号を200m巻いて使用します。

 

 

これらリールはとても重たく、重量は650g以上です。

当然ロッドの開発でもこれらリールを前提に開発されていると思うので、この重たいリールにバランスが合うように設計されているかと思います。

分割できないグリップに、14000番以上のリールを装着すると、タックルバランスが良く、先重り感もないでしょう。

しかし、軽いリール、例えば6000番クラスの400g程度のリールの場合は、リールが軽すぎて、分割できないグリップでは

タックルバランスが悪くなり、かなり先重り感が強くなります。

その為、このような比較的軽いリールを使用する場合は、分割式の重たいグリップが丁度バランスが取れて、先重り感が無いセッティングとなります。

私は、このロッドにオールド アブ カーディナル77Xを装着して使用する予定です。

 

 

リール重量はライン込みで約420gですので、重たい分割式のグリップが丁度いいバランスです。

今後、ステラ14000番に目覚めるようなことがあれば、軽い分割できないグリップを使用することになるのでしょう。

 

携帯性

 

分割グリップをの場合ですと、機内持ち込み可能なサイズになります。

このサイズならどこに行くにも、お気軽に行けます。

 

 

分割できないグリップは、少し長いので大き目のスーツケースに収納することとなります。

何とかスーツケースに収まるので、大きなスーツケースを持っている方なら特に問題はないかと思います。

このロッドはGTまで対応できるにもかかわらず、携帯性に優れている点が、最大のメリットかと思います。

 

 

 

実釣印象

 

GT釣りにプーケットに行き、ルアーをキャストしてきました。

残念ながら、このロッドではノーフィッシュでした。

キャストした印象は、80g~100g前後が気持ちよくキャストできます。

200gクラスになると、”よっこらしょ”といった感じで、キャストはできるが快適ではありません。

物干し竿のように、ガチガチな印象はなく、少し柔らかめなような気がします。

ルアーを操作していても、疲労感は少なく初心者には扱いやすい感じがしました。

 

最後に

 

怪魚ハンターが開発に携わったGT対応の厳ついロッドが、機内持ち込みできてしまう携帯性で、とても時代にマッチしたロッドであると思います。

このロッドで、モンスターを仕留めたく思います。

 

YouTubeでもこのロッドを紹介していますので、よろしければ覗いて見てください。

 

 

最後までありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

アッキー

タイランドに駐在する釣り吉のブログです。 アンバサダー、カーディナル等のタックル情報、怪魚釣り釣り情報を発信しております。 YouTubeもやってますので宜しくお願いします。 https://www.youtube.com/channel/UCKhi0W_iarA98b9bOtX3lKQ

-ロッド
-, ,

© 2021 どえりゃあ釣りチャンネル Powered by AFFINGER5