TOP専用ロッド! Topwater Traveler SS-TT56L3,シングルグリップ 購入レビュー


スミス トップウオータートラベラー SS-TT56L3

トップウオーターでの釣りはとっても楽しいですよね。

何時捕食するかわからないドキドキ感、捕食するシーンが見られとてもエキサイティングな釣りで私はとても大好きです。

そこで、トップ専用ロッドの購入です。

数あるTOP専用ロッドの中から何故このロッドかと言いますと、パックロッドであるからです。

海外での釣りには持ち運びのことを考えるとパックロッドは必須アイテムです。

カーボン素材で軽量ですが、グラスの様な感覚のロッドです。

また、タイでこの手のチャンピオングリップ風のロッドを使用している方は少なく目新しいのも良いですね。

そして、このチャンピオングリップ風のレトロな感じがとても気に入っております。

という訳で、消去法でこのロッドとなってしまいました。

(注意)

このロッドは ロッドとグリップは別売りですのでそれぞれ購入しないといけません。

 

 

エッ! このロッド既に持っていませんでしたか?と思われる方もいるかと思いますが、既に持っているロッドとは少し違います。

ロッドのパワーが違います

既に持っているロッドはSS-TT60M3でミディアムクラスのロッドの硬さです。

既に所有しているロッドは

<SS-TT60M3 SPEC>

Length:      6.0フィート

Lure:      10g~18g

Line:      10~20Lb

Rod Weight:  38.5g

仕舞寸法:   60㎝

新規購入したロッドは

<SS-TT56L3 SPEC>

Length:      5.6フィート

Lure:      7g~14g

Line:      8~14Lb

Rod Weight: 35.5g

仕舞寸法: 54㎝

全体的に短く、軽く、柔らかくなっております。

 

開封レビュー

 

新品なので当然保証書が付属しております。

3年間保証で、免責額は11000円です。

3年とは結構長いですね。

 

 

グリップに装着するときは、バッドを刺してグリップを締めてゆきます。

 

 

継ぎ目は全て印籠継ぎで、ガイドは意外に全てダブルフット、ダブルラッピングと強度的にも問題ありませんね。

怪魚にも大丈夫です。

 

 

フェルールワックスを塗って、抜けにくくズレにくくします。

 

 

今回購入したロッドの方が少し短く、より軽いルアーをキャスト出来ます。

パイロット111で軽いルアーをキャストしたい場合はL3ロッドを使用したく思います。

 

 

また、重た目のルアーをキャストしたい場合はM3を使用してゆきたく思います。

 

 

軽量ルアーをキャストするため、L3に装着するリールはOLD アブ アンバサダー 5000 1960年代製 フルチューン仕様のABUです。

スプール、ベアリングをチューンした仕様です。

 

以前下記ブログで紹介したリールです。

 

シャア専用‼️ アブ アンバサダー 5000 4ネジ ブロンズブッシュ モデル アベイル チューニング

 

M3にはリールはOLD アブ アンバサダー 5000 1960年代製 ノーマル仕様のABUです。

これはボールベアリングが全く入っていないブロンズブッシュ仕様ですが、重たいルアーならストレスなくキャスト可能です。

 

 

こちらも以前下記ブログで紹介したリールです。

 

究極のアンティーク‼️ オールドアブ 5000 ブロンズブッシュ OH

 

両社並べてみると、長さが違いますね。

 

 

レトロ風、赤ベースのロッドですので赤いOLD アンバサダーがとても良く似合います。

スーパーストライク シングルグリップ

そして同時に購入した、スミス スーパーストライク シングルグリップ ガンメタリックカラーです。

 

 

こちらマグネシウム製で軽量に仕上がられております。

重量は111gです。

マグネシウムは腐食しやすいデメリットがありますが非常に軽量に仕上げる事が出来る金属です。

その為か、メインテナンス用のリキッドも付属しております。

当然保証書も付属。

 

 

釣行前後はこれで磨き上げ、グリップのマグネシウムを保護致します。

 

 

やはり、GUN型グリップにTOPウオータープラグ、そして OLD ABUの

組み合わせは何ともいえないレトロな感じでとてもGOODです。

 

 

しかも、昔のOLDタイプのグリップのように重くなく軽量なマグネシウム製の為、重たいABUを使用しても快適な釣りが行えます。

 

 

昔は、鉄製グリップ、ロッドはグラスでとても重く苦労されたかと思います。

現代は技術の進歩で快適にレトロな釣りを楽しめるようになったのですね。

そして釣りのお供のタックルボックスは アンティーク UMCO タックルボックスです。

 

最後まで有難うございました。

Share Button

もーこ 登録者

タイランドに駐在する夫婦です。2人でタイランドの情報をブログでUPしております。どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です