バンコクでスイス料理レストラン、チェサでチーズフォンデュ食べてみた


スイス料理レストラChesa

 

バンコクには色々な国の料理がありますが、今回はスイス料理屋さんを訪問いたしました。

ランチです。

 

 

店内に入ってみると

 

 

落ち着いた雰囲気、高級そうな感じです。

 

 

家族4人での来店ですので、丸テーブルに案内されました。

 

メニュー

 

メニュー表は英語、日本語で表記されているのでありがたいです。

スイス料理はチーズフォンデュくらいしか分からないので日本語で書いてあるとイメージし易いです。

どうやら土曜日にはランチメニューは無いようです。

 

 

定員さんお勧めのオリジナルチーズフォンデュを頼みました。

ここで、定員さんがKirschと言うお酒がチーズフォンデュに入っているので子供達に大丈夫か?との確認がありました。

子供も食べるので、酒は少しだけ入れて欲しいと注文しました。

Kirschとはサクランボから出来たブランデーの様です。

その他、ビーフコンソメスープもオーダー。

 

 

昼食スタート

 

まずはドリンク類。

水、ジンジャーエール、コーラ

赤い缶はタイでよく見る、ジンジャーエール。

 

 

パンとバターが付いてます。

焼きたてで暖かいパンです。

 

 

普通に美味しいです。

 

 

ビーフコンソメスープ。

こちらも普通に美味しいのですが、ホルモン系がトロトロになって入ってました。

日本てまはセンマイと言う焼き肉にあるホルモン。

柔らかく、臭みも無く美味しいです。

個人的には胡椒をかけるとより美味しいです。

 

 

そして、メインのチーズフォンデュの具材が揃います。

パン

ジャガイモ

カリフラワー

ブロッコリー

ミニトマト

マッシュルーム

です。

 

 

さて、お味のほうは?

んっ?

何か、お酒の香りが、、、、

お酒は少しにしてくださいとお願いしましたが、結構入ってます。

少し酔いそうなレベル。

おそらく調理する人が、間違えて普通に酒を混ぜたような感じです。

しかし、鍋の下からは火がついておりますので直ぐにアルコールは飛んでしまいます。

 

 

子供はチーズフォンデュ好きですね。

次から次へと

 

 

野菜も沢山あり、いいですね。

 

 

トマトとマッシュルームは生ですが、その他は茹でてあります。

 

 

パンが1番人気で、直ぐになくなりパンを追加しました。

 

お腹もいっぱいになり、お会計。

 

 

結構なお値段。

2330.46バーツ 約8200円

チーズフォンデュは2人前頼みましたが、それだけで、1320バーツ

しかし、量的には丁度良かったです。

野菜は120バーツ

スープは280バーツ

付け出しのパンとチーズフォンデュ用の追加のパンはサービスの様です。

高級そうなレストランなので、これくらいは致し方無いかな。

 

場所

 

 

スクンビット ソイ20を南に3分ほどに位置します。

 

 

タイ バンコクでチーズフォンデュが食べたくなったら是非寄ってみて下さい。

 

最後までありがとうございました。

Share Button

アブ 登録者

タイランドに駐在する釣り吉のブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です