絶品!あご出汁が最高な山形熟成味噌ラーメン”のじ屋” バンコク


バンコクで感動したラーメン屋 ”のじ屋”

4年前バンコクに赴任した際には、日本村に中に入っておりほぼ毎週末通ったラーメン屋”のじ屋”。

バンコクでタイ料理に疲れた際に癒してくれたラーメン屋さんです。

4年前、これほどの美味しいラーメン屋があるのであろうかと正直驚いたほどです。しかし当時は何故か客はさほど多くなくおそらくこれは場所が悪いのかなと思っておりました。

日本村の中でもかなり奥の方で正直目立たない場所です。その為なかなか客が店に来にくかったのではと思います。

数年前、現在のトンロー18のマンションに下に移転し、北海道ラーメン屋”ゆうし”さんと山形ラーメン屋”のじ屋”さんが2個一になりました。

場所が遠くなり以前のように徒歩では行けなくなりましたので今は数カ月に1回しか行かなくなりましたが、無性に山形ラーメンが食べたくなる時が出てきます。

「あー!”のじ屋”食べたい!」

ということで、家族4人でシーロー(タイの乗り合い軽トラバス)にのりランチをしに来ました。

 

これが店構え。2店舗の味が1つの店で楽しめます。

 



 

 

一応、山形の場所がピンとこない方用にこのように地図で分かりやすくしております。

 

 

本日も山形ラーメンです。実はここの北海道ラーメンはまだ一度も食べたことがありません。あご出汁の効いた味噌ラーメンの味が忘れられないからです。

 

 

店内はいたって普通で、家族連れでも全く問題ないです。カウンターもあり1人でも問題ありません。

 



 

 

日本の漫画も置いてありますし、お酒も飲めるので夜には居酒屋感覚でくることも可能ですね。

2店舗分のメニューですので、メニューはなんせ沢山あります。どれを食べたらよいのか分からなくなりますが、

私のお勧めは

1:山形辛味噌ラーメン

 

2:山形辛味噌つけ麺

 

 

この2種類は何度も言うように絶品です。

基本熟成山形味噌ベースに、あご出汁が入っているこのスープがなんとも言えません。あご出汁とはトビウオの出汁で、正直トビウオがここまで美味であるとはこのラーメンに出会うまでは知りませんでした。

麺はちじれ太麺で食べ応えのあるガッツリ麺です。私は個人的に太麺が好きなのでこれまたまりません。

今回は

私:  山形辛味噌チャーシュー麺 大盛り

嫁:  山形庄内醤油ラーメン

息子: 山形辛味噌つけ麺

娘:  山形辛味噌つけ麺

を注文しました。

山形辛味噌チャーシュー麺 大盛り

 

 

辛味噌は別についており、基本この味噌ラーメンは辛くないのでお好みに応じてから味噌を入れて食します。

 

 

入れなければ辛くないので、子供でも全く問題ないです。

 

 

このようにスープに溶かしながら食べます。タダ辛いだけではなく非常にお上品な辛味です。

 

 

麺はこのように太いちじれ麺でスープに良く合います。チャーシューはとても柔らかく、脂っこさはなく子供でも問題なく食べれます。ちなみに私の子供は脂身が大嫌いです。

 

 

山形辛味噌つけ麺

 

私の個人的意見では、このつけ麺と 通常のラーメンはどちらも絶品で甲乙が付けれません。その日の気分でつけ麺にしたり、通常のラーメンにしたりします。

味は山形熟成味噌にアゴ出汁のスープで基本同じでつけ麺用に味は濃くなっております。カイワレ大根が入っているのが違いで、その他は基本同じです。

 

山形庄内醤油ラーメン

 

今回嫁の頼んだ、醤油ラーメンです。

 

具材はキャベツの代わりにワカメ、ナルトの代わりにかまぼこになった程度でほぼ同じです。麺も太ちじれ麺です。

一口スープを飲ませてもらいましたが、やはりこれもアゴ出汁が効いておりますが個人的にはやはり味噌ラーメンの方が好きですね。

醤油ラーメンも良いのですが、やはりお勧めは味噌ということになってしまします。

熟成した味噌とアゴ出汁のコラボレーションが最高です。

 

JCBカードと女性客はお得

タイはJCBカードが日本以上にお得です。

 

JCBカードで会計するだけでなんと10%もOFFになります。

ここの店以外でもJCBカードで割引になるレストランはここタイランドでは多いので、タイに来る際は是非JCBカードを持ってくることをお勧めいたします。

 

 

このように女性のみ2名以上で来店の場合も1ドリンクサービスですので、お値打ちになっております。

 

最後まで有難うございました。

Share Button

もーこ 登録者

ブログ初心者のアラフォー主婦です。 趣味で漫画を描いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です