ピラルク釣行記 Fishing Diary of Arapaima

絶対釣るぞ‼️ピラルク釣行記5-2 アマゾンBKK 後編

https://moukomanga.com/fishing%e3%80%80thailand%e3%80%80amazon-bkk-piraucu-arapaima-abu-deps-tackle-5/1066/

 

5-1からの続き


 

 

13:00~16:00


お腹もいっぱいになり、午後の釣りスタートです。快晴ですので体力的にも相当厳しい状況です。

こういうときは体力の消耗がパンパ無いのでできるだけ手抜きフィッシングです。ジャバギルの頭は空洞になっております。そこにDEPSのエビ風味の泡フレーバーを入れてキャストして放置するだけです。

 

 

正直椅子に座りながら寝てます。するとゴン! あまり引かないな?

もしかして例の・・・・

 

 

とアリゲーターガーです。

ジャバギルは見事破壊されました。

リールハカルカッタコンクエストです。最近ABUが2台入院中のため、急遽ラインをPE4号をまいて1軍に昇格いたしました。ABUより性能はいいのに2軍でくすぶっていました。当然快適にキャストできます。

さらに椅子でボーとしながら ゴン!

 

 

またこの子です。

やはりそう易々とはピラルクは釣らせてくれません。

 

餌やりタイム 午後


ここでピラルク1匹追加して、今日の目標を達成したいところです。

まずはTOPで、しかし天気が良すぎて私のルアーが見えません。水面がギラギラしているからです。偏光グラスをしていても見えません。これでは良くわからないので、午前中に釣ったブルフラット5.8インチにチェンジです。

 

 

着底後、ゴン!・・・ HIT!です。猛烈に走ります。しかしピラルク特有の左右にシェイクしながらの走りではありません。これではレッドテールキャットフィッシュだなと思い。無事ランディング。

 

1m近いです。ブリブリの大きいサイズです。久しぶりにこの魚を釣りました。たまにはいいかなと思い。すぐに戻ってキャストするも・・・・

餌やりタイムでは結局この1匹のみ。

残念!!

 

16:30~18:00


いつもこの時間は魚の活性が一番高いです。岸際でピラルクの捕食音が豪快にいたるところで聞こえてきます。しかし・・・ しーーん。

全然聞こえてきません。

静まり返っております。

今回生簀の中ティラピアは結構な割合で死んでおりました。死んだティラピアばかりを餌やりタイムでばらまいていたので、生きたティラピアがおりません。通常生きたティラピアはばらまかれるとすぐさま岸際の草むらに身をひそめます。ピラルクはその潜んだ生きたティラピアを食べにやってくるのですが。今回は生きていないのであまり寄ってきておりません。

 

 

 

18:30まで粘って釣ろうとしましたが、管理人が晩飯に行くとの事で、STOP FISHING!

結局 午後 ピラルク NO FISH!

AMAZON BKK 情報


昼食

ランチBOX,水等々店のスタッフに頼むと買ってきてくれます。とても暑いので水は持っていたほうが良いかと思います。

レンタルロッド

スピニングタックルがありますが、あまりお勧めしません。竿のパワーが少々弱いです。

レギュレーション

フックはルアー1個に1個まで、トレブルフックOK, かえしはペンチで潰してもOK。

ラインはPE3.5号以上

20cm以上の大型ルアーは禁止

餌釣り禁止、ルアー、フライのみ。

その他

事前にスタッフにチップ100バーツ程を渡すとサービスが良くなると思います。

 

ありがとうございました。

 

釣行記6-1は下記ブログを見て下さい。


 

何とか釣れた‼️ ピラルク 釣行記6-1 前半 AMAZON BKK

-ピラルク釣行記 Fishing Diary of Arapaima
-, ,

© 2020 どえりゃあ釣りチャンネル Powered by AFFINGER5