タックル Tackle

シックでタフな奴‼️アンバサダー 用ハネダクラフト パワーハンドル

アンバサダーのハンドル


皆様、アブアンバサダーのハンドルはどの様なタイプをご使用でしょうか?

純正をそのまま使用されたり、カスタムハンドルに変えたりと趣味趣向によりそれぞれかと思います。

昔、私は純正のハンドルをそのまま使用しておりました。

しかし、純正のハンドルは強度的に問題があります。(アブ7000番に使われているゴッツイハンドルは強度はあるかと思います)

気合を入れてパワフルに巻き上げると、直ぐに曲がってしまうのです。

もちろん子バスばかり釣っていても曲がる事はないかと思いますが、デカい魚を釣るとなると純正では役不足です。

特に1970前後のアンティークアンバサダーはとても小さなハンドルが付いており、強度的な問題以前に小さ過ぎて巻きにくいです。

アンティークアンバサダーのギア比は、信じられないくらいのローギアです。

小さなハンドルでローギアですと、鑑賞用でしたら味があってよいです。

しかし、実際に使用するには現実的ではありません。

そこで、ハンドルの交換となります。

各社色々出してますが、私はアンバサダーのレトロな雰囲気と怪魚にも負けないタフネスさを重視してハネダクラフトさんのパワーハンドルを好んで使っております。

 

ハネダクラフトパワーハンドル


ハネダクラフトさんは、オールドアブのパーツを販売、オーバーホール、雷魚釣り用のルアー販売等アンバサダーにはかなり精通している会社であると思います。

ヘビーカバーでの雷魚釣りは非常にハードでPE10号を100m巻き、水草と魚ごと巻き上げたりします。

その為リールはPE10号が100メートル巻ける、アンバサダーの6000番が好んで使われます。

純正のハンドルでは高負荷に耐えられないので、アンバサダーで雷魚釣りする人はハンドル交換します。

雷魚用のパーツは非常にタフな物が多く、そのまま怪魚にも使えたりします。

ハネダクラフトさんには、パワーハンドルには大きく三種類ラインナップされてます。

 

1:ミラーフィニッシュハンドル


光沢があり、見た目的には大好きなハンドル。

素材は真鍮製ですので、さほど強度はないかと思います。

タイの釣りでは、例えばバラマンディやトーマンクラスならこのハンドルでも問題ないかと重います。

S字ハンドルとストレートの二種類販売されていましす。

 

 

価格はハネダクラフトさんのパワーハンドルの中では1番安いです。

 

 

2:ジュラルミンハンドル


真鍮製よりは強度のあるアルミ合金素材。

軽く、強度があるので飛行機に使われたりします。

ピラルク釣りに使用しても大丈夫そうな感じはしますが、残念ながらピラルクとの格闘で曲げられました。

このハンドルの欠点は、シルバー色がない事です。

赤、黒、金、紺の4色から選ばないといけないので、シルバー好きの私としては残念です。

しかし、下記オールドアンバサダーの様にドラグバンドルが赤いタイプはジュラルミンの赤がマッチしますね。

 

 

形状はS字とストレート。

 

価格はチタンとミラーフィニッシュの中間の価格帯。

 

 

色合いが問題無ければ、オススメです。

 

3:チタンハンドル


これは1番強度のあるハンドルで、私のメインはこのハンドルです。

ピラルク釣りに何度も使用しておりますが、全く曲がる事もなく非常に強度のあるハンドルです。

 

 

色もチタンの素の色でしょうか?

深みのあるシルバー色で、どのカラーのアンバサダーにマッチします。

 

 

S字とストレートの2種類ありますが、ストレートはミラーフィニッシュとジュラルミンが90mmに対して、最近バージョンアップしたのでしょうか?

チタンは100mmと若干長いです。

強度があるからより長くする事ができたのででしょうかね。

しかしわたしの所有しているハンドルは旧バージョンで90mm

 

その為、下記写真の様にミラーフィニッシュ(左)とチタン(右)は同じ長さです。

 

 

100mmサイズのストレートのチタンハンドルはアンバサダーの6000番にはピッタリのサイズかと思います。

 

絶対的な強度が欲しい方はチタンハンドルを推すめします。

しかし、価格は1番高価です。

 

ハンドルノブ


ノブにはプラスチックの分とウッドノブがあります。

ウッドノブには、ビッグサイズもあります。

私は6000番にはビッグサイズを使用し、5000番には普通サイズのノブを使用しております。

 

 

個人的には、アンバサダーにはクラシカルなウッドが似合うと思います。

カラーはプラスチックは13色

ウッドはビッグサイズ、ノーマルサイズ共に4色

発注する際に、色は選べますのでお好みのサイズ、色、材質を選んだら良いかと思います。

 

右巻き、左巻き


ハンドルには、右巻き用と左巻き用があります。

見た目は変わりませんが、ノブを固定しているネジの締める方向が違います。

 

 

左巻きリールに右巻き用バンドを取り付けるとノブを固定しているネジが緩んできて、ノブが取れてしまう事があります。

魚がヒットして、ノブがポロリと落ちたら最悪ですね。

しっかり選んで購入しましょう。

 

最後に


ハネダクラフトさんのハンドルはシンプルで、しっかり作られ、色々、素材、形を色々アレンジできアンバサダー好きにはとても良いハンドルと思います。

これから購入を検討されている方は、ぜひ候補に入れてみてください。

 

最後までありがとうございました。

-タックル Tackle
-,

© 2020 どえりゃあ釣りチャンネル Powered by AFFINGER5