ロッド

強く、激しく曲がる剛竿 フィッシュマン BC4 5.10 XHレビュー

フィッシュマン BC4 5.10 XH

 

 

フィッシュマンの5.10 BC4の中で最も強い竿がこのXHです。

このロッド、タイの雷魚トーマンを釣るために購入致しました。

トーマンをフッキングしたら、ストラクチャーからすぐに引きはがしたいので

相手に主導権を与えないロッドが欲しくXHとなりました。

正直MXHでも十分強いロッドですが、XHはさらに強いです。

その強さは、何と100kgの魚にも対応しているほどです。

タイの雷魚トーマンは、ボートから狙うので、長さは不要です。

5.10のコンパクトなサイズは、ボートの上でも扱いやすいロッドです。

また、5.10でも、飛距離に不満を感じることはありません。

しっかり撓り、飛んでゆくので飛距離も出ます。

また、購入前は、かなりの剛竿で、物干し竿のような硬さがあるのかと思いましたが

実際に、ルアーをキャストしてみると、硬さをほとんど感じません。

その辺が、フィッシュマンさんらしく、しっかり曲がるが、魚をフッキングしたら

しっかりと受け止めてくれる竿であると思いました。

フィッシュマンさんのYouTubeでは、大きなヒラマサを釣っていましたね。

ジギングでGTが来ても何とか行けそうなロッドです。

 

対応ルアーウエイトは、何と、10g~200gと非常に幅広いです。

ラインはPE3号から10号まで対応。

実際、メガバスのワンテン(3/8オンス)をキャストしましたが、まったく問題なくキャストできました。

リールはアブアンバサダー6000番を使用しても違和感なくキャストできます。

 

 

上記トーマンはXHで釣り上げましたが、トーマンに主導権を与えず、ストラクチャーに

絡まれることなくキャッチすることができました。

もちろんドラグはMAXまで締めています。

 

 

仕舞寸法は49cmと、機内持ち込みできてしまうサイズで、海外遠征ではこのサイズは

とても重宝致します。

グリップエンドは魚の輪切りマークは赤色です。

 

 

4ピースですが、とてもパワフルなロッドです。

使用するリールは勿論アブアンバサダー 6501CAファクトリーン改

 

 

10号を巻いて、雷魚使用に改造済みです。

 

MXHとXH 比較

 

ここは、MXHとXHでは、太さは同じですね。

意外です。

XHの方がはるかに太いと思っていましたが違いますね。

 

 

バッド部分は、何と!MXHの方が太いではないですか。

MXHはパワーのあるロッドだなあと思っていましたが、バッドがしっかりしていますね。

 

 

ベリーになるとさすがにXHの方が太くなっております。

 

 

ティップも勿論、XHの方が太いです。

 

 

ティップのガイドは大きく、MXHとXH共に同じサイズです。

太い糸ラインとショックリーダーの結び目でも、スムーズに糸抜けしてくれます。

 

 

グリップエンドは、MXHはターコイズブルーに対して、XHはレッドです。

 

最後に

 

フィッシュマンさんのBC4 5.10シリーズは本当に、パワフルでキャストしやすくとても良いロッドであると思います。

私は、LH、MXH、XHの3本を所有しておりますが、この3本があればボートでの釣りは大方行けてしまうのではないでしょうか。

まず、最初の1本はとなると、MXHかな。

 

 

最後までありがとうございました。

  • この記事を書いた人

アッキー

タイランドに駐在する釣り吉のブログです。 アンバサダー、カーディナル等のタックル情報、怪魚釣り釣り情報を発信しております。 YouTubeもやってますので宜しくお願いします。 https://www.youtube.com/channel/UCKhi0W_iarA98b9bOtX3lKQ

-ロッド
-, , , , , , , , ,

© 2022 どえりゃあ釣りチャンネル Powered by AFFINGER5