究極の造形美‼️ アブ カーディナル33 IOS フルチューン



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

アブ カーディナル33 マミヤOP復刻版

アブの古い形のスピニングには以前から、少し気になる存在でしたが、名前などは分からずにいました。

とあるきっかけでカーディナル444というリールの存在を知り、いつもの物欲が湧いてきましが、よくよく調べると実際に釣りに使うのは難しそうです。チューニングパーツ等々はなく、実際の釣行ではトラブルだらけでストレスがたまりそうです。

さらに調べているとカーディナル33なるスピニングリールがアフターパーツも豊富で今だ現役、渓流ファンから絶大な支持を受けている事がわかりました。

そうなると[ポチッとな] をしてしまいました。しかし、古い設計のリールの為そのまま使うのは難しそうです。

いつもオイルでお世話になっているIOS から色々チューニングパーツが販売されているのを知り改造開始。

チューニング

・Cシステム

・カナリアバネシステム

・プレミアムウッドハンドルノブ 花梨

・ラインローラーハイパー ゴールド色

・ベール強化スプリング

を購入、早速取り付けてみました。

IOSパーツでのフルチューンです。

プラス、ヘッジホッグスタジオ

・ピニオンギア用ボールベアリング SHG-1680HH

も購入。

 

純正アブお決まりの大量にグリスがついていたので、綿棒にパーツクリーナーをつけてグリスを取り除きパーツを組み込みました。

構造が単純な為、私でも簡単に取り付けできました。

IOSのホームページやYouTubeに交換の手順が詳しく説明されているので、それを見ながら交換しました。

しかし、ラインローラーとボールベアリングを取り外すには特殊な工具が2種類必要です。

強化ベールの取り付けにもこのツールは必要です。

1つ目は、IOS FACTORY マルチツールです。

このように特殊な形状をしているので、ラインローラーを取り外すことができます。

こちらはアマゾンで購入できます。

 

ボールベアリング交換

ボールベアリングの取り外しにも特殊な工具が必要です。

TOP スナップリングプライヤ HB-125Fです。

これが無いと、交換に要する時間と大切なリールが傷だらけになりますので、是非購入してみてください。

こちらもアマゾンで購入できます。

Cクリップを外して、シャフトを抜きます。

14mmのソケットレンチでナットを外しスプールを取り外します。

中には特殊なクリップが装着されており、それを外すのに、この特殊工具が必要です。

このように穴に刺して外します。

そうすると、ベアリングが外れて交換できます。

メインギアも同時に外せるようになりましたので、ついでにパーツクリーナで余分な油を取り除きました。

洗浄後、IOSグリスをギアにIOS-01オイルをベアリングに注油します。

ヘッジホッグスタジオのSHG-1680HHベアリング。

ワッシャーチューン

同時に、スプールの巻が改善されるワッシャーを購入したのでついでに付けてみました。

二枚入っており、厚さが違います。薄い方をベアリングの上に装着しましたが、結果は駄目でした。逆プリン巻となり酷くなりたした。

Cシステムを組んだ場合はワッシャーチューンは逆効果のようです。

CAARという会社の通販で、並行巻スペーサーなるワッシャー2枚で1080円です。

Cシステムを組まない方はこのワッシャーで調整してプリン巻き状態を改善する事ができます。

ライン巻き

Cシステムにはピンの位置を変えて、ラインのプリン巻き状態を改善できる機能もあります。

早速抜いて、上の穴に差し替えてみました。

結果、かなり平行に近い巻きになりましたが、まだ少しプリン状態です。

説明書にも記載されておりますが、完全には改善できないようです。

しかし、ピンの位置が下の時と比較するとかなり改善されていますので、まー、これでよしとしましょう。

チューンナップ後フィーリング

余分な古い純正グリスをとり除き、IOSグリス、IOSー01、IOS-02を注油した効果も相まって、明らかに滑らか回転フィーリングです。

カナリアシステムのチリチリ音も品よくgoodです。ボールベアリングの交換も体感できるほどスムースで、巻き心地が軽くなりました。

ベールの戻りもノーマルよりもはっきりと戻るようになりました。純正の時は何かぼやーんとした戻りでしたがメリハリがあり、力強いです。

古い設計のリールですが、手を加えるとこのように明らかにGOODフイーリングとなります。

見た目はハンドルノブとラインローラーがゴールドになっているだけですが、中身はカリカリチューンです。

IOSフルチューンお勧めです。

実釣報告

初戦はBOON MAR PONDS の 巨大バラマンディーでしたが、結論から言うとまったく相手になりませんでした。

ドラグ力が弱すぎて問題外というのが実態でした。

この池は水車がありそこに走られるとラインブレイクします。

その為ある程度魚をコントロールする必要がありますがまったく無理で、完全に魚に主導権がある状況でした。

しかし、ドラグはスムースに大量に出てゆきましたので、IOSのC システムとラインローラーは上手く機能していたと思います。

BOUZのドラグチェッカーでMAXドラグを測定すると1.4kgしかありません。

このドラグ力でも50cm以下のバラマンディーなら戦えると思いますが、80cmクラスのモンスターで、水車の障害物のあるこの池では少し無謀な勝負でした。

管理釣り場や渓流で、4LBラインを巻いた状態ならドラグ性能0.6kg程度で良いので、このリールで十分戦えるかと思います。

やはり、カーディナル33は菅釣り、渓流用ですね。

怪魚相手には少々無謀でした。

次回は日本の管釣りで実釣報告致します。

これだけチューニングするとシマノのヴァンキッシュが買えそうですね。笑笑!

最後まで有難うございました。

Share Button

もーこ 登録者

ブログ初心者のアラフォー主婦です。 趣味で漫画を描いてます。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です