バンコク ローカルバスで中華街まで行く方法、ソイ39の激ウマクレープ屋さん




にほんブログ村

中華街にローカルバスで行ったよ

中華街までバスで格安で行く方法を、知人に教えてもらったので、家族で行ってきました。

バスは片道、プロンポンから中華街まで大人一人15バーツですよ。2017年10月現在。(エアコン付きの場合。エアコンなしはもう少しやすいです)

なんと子供はタダですよ。利用しない手はないですよ!!!!!!

夫の仕事の知人がインドネシアのローカルバスに乗ったら身ぐるみはがされたそうで、夫はバスに乗るのを渋ってましたが、バンコクのバスは、まあ運転は荒いですが、子供に席をゆずってくれるし、マナーの悪い人はいままで一度も見たことないです。(といってもまだ5回ほどしか乗ってませんが)

BTSでもそうですが、タイの人は本当に子供にやさしいです・・・・ありがたや・・・・。

このように、タイのバスはまったく問題ないです。

バスの乗り方詳細

プロンポンのリンガーハット近くのバス停から乗車します。

中華街までは40番のバスに乗ります。バスが近づいてきたら、乗るアピールを運転手さんにするととまってくれます。バイクに気をつけて乗車します。

バスに乗ると、リレーのバトンみたいなのをもった人が近づいてきてくれるので、その人に行き先をつげます。「ヤワラー(中華街)」。で、お金を払います。

バスから降りるときはボタンを押します。ボタンが出入り口にしかないバスもあるので、小さいお子さんとバスに乗る時は出入り口付近に座るか、リレーのバトン持ってる人にアピールしとくといいかもしれません。

ちなみに私はバスから降りるため立ち上がったとき、急ブレーキでおもっきし尻もちついたことあります。恥はかき捨て。

降りるバス停が分からないとき、グーグルマップを起動させておくといいかもです。グーグルマップはバス停の表示もあるし、センセーブボートの停留所も記載されてて神です。


行く予定だった中華街のレストラン前でバスから降りました。丁度レストランの前が停留所のようです。



広東ハウス

この店の魅力は値段。あと西洋、和食、タイ料理、いろいろ食べれるとこ。

中華街というと何か汚いイメージですが、この店は綺麗で、安いです。

1908年から営業しているようで老舗レストランです

ランチタイムに来ましたが、日本人客が20%程の感じです。

家族連れが多いです。

カニチャーハンMサイズ。

夫が適当に頼んだ点心たち。一皿だいたい30バーツ。

4人で食べて560バーツでした。 激安ですね。
そのあとセブンイレブンでアイスを買って夫がひとこと。

夫「もう帰りたい」

私「いやいや来たばっかじゃん。ハロウィンの飾り買えたら買いたいけど」

娘「初音ミクの服つくるから生地買うんでしょ!?」

息子「バス乗るぅぅぅぅぅ!!!!」

みんなバラバラ。とりあえずバスにまた乗って帰ることに・・・・さよなら中華街。(滞在時間約1時間)

中華街からバスに乗ってスクンビットまで帰る方法

広東ハウスをでて近くの横断歩道を広東ハウスを背にしてわたり、まっすぐ進むとわりと広めのCHAROEN ROADという道にでます。そこを左に曲がると、バス停があります。

そこからまた40番のバスに乗ります。

が、

スクンビットまでいかない40番のバスがあります!バスの人やほかの乗客の方に「パイ トンロー?」ときくといいです。「プロンポン」と言うと「ファランポーン」と勘違いされるので、と知人が教えてくれました。

バンコク オシャレクレープ屋さん

チャイナタウンを後にした私たちはプロンポンでバスを降り、そこからシーローに乗り換えて夫が前から行きたいといっていたこの店に行きました。

オシャレクレープ屋さんです。店の感じからフランスクレープ屋さんです。

落ち着く雰囲気のお店です。

アイスラテ。たしか130バーツだったかな?

シュガー&バターレモンクレープ。たしか150バーツくらい?(記憶力・・・) 爽やかレモン味でとっても美味しいです。
夫が頼んだやつ、塩キャラメルイチゴ味です。ほんのり塩味で美味しいです。

これが定番の塩キャラメルクレープ、ほかの方のブログにお勧めと書いてあったので頼んだようです。おいしかったです。

クレープの生地は全てソフトで、クリスピーなカリカリした感じはありません。しっとりとした触感です。

店内も綺麗でとてもGOODです。


お食事メニューもあったので、今度は食事しに来てみたいです!

最後までありがとうございます。

Share Button

もーこ 登録者

ブログ初心者のアラフォー主婦です。 趣味で漫画を描いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です