ピラルク釣行記 Fishing Diary of Arapaima

オールド アブ カーディナル4でピラルク釣り! アマゾンBKK!

アマゾンBKK

 

久しぶりにやってきました、アマゾンBKK。

最近は、コロナの影響で外国人があまり来ないので、スレていないことを期待です。

ここは客の内、80%が日本人のようです。

今は、駐在者とタイ人のみが来る程度ですので非常に客は少ないでしょう。

 

 

その為、いらないお世話ですが、経営大丈夫かな?

と心配してしまいます。

今日は、7歳の息子と一緒です。

息子にも釣らせてやりたいですね。

7歳児には少し、相手がデカすぎますが・・・・

 

本日のタックル

 

<1>

ロッド:デプス ヒュージカスタム H2N-64R

リール: アブ アンバサダー6501CSロケット ファクトリチューン(ブレーキ4点式に変更)

ライン: PE 5号

リーダー: ナイロン70lb+ワイヤーリーダー

 

<2>

ロッド:デプス ヒュージカスタム HS1N-66R

リール: アブ カーディナル4改 1979年モデル

ライン: PE 3号

リーダー: ナイロン70lb

 

<3>

ロッド: フィッシュマン ブリスト BC4 MXH

リール: アブ アンバサダー5001C ノーマル 1972年モデル

ライン: PE 6号

リーダー: ナイロン70lb+ワイヤーリーダー

 

何時もワイヤーリーダーを使用していますが、今回オーナーから次回からはワイヤーリーダーはやめてほしいといわれました。

魚の唇が、ワイヤーで傷がつくとのこと。

魚が傷つかないような配慮ですね。

ということで、次回からはショックリーダー ナイロン100LBにしようかな。

 

朝一

 

何時も、朝一番は岸際に沢山ピラルクが寄ってきていて、非常に釣れる確率が高いのですが、

本日は、まったくいません。

ブルフラットをキャストするも、反応なし。

 

 

しばらく来ないうちに、ピラルクたちは朝一番に岸際に集まる事をやめてしまったのかな??

残念です。

朝一、ノーバイト。

 

フィーディングタイム

 

何もあたりがないまま、午前中のフィーディングタイムです。

今日は、フィーディングタイムで、沢山魚が集まってきています。

やはり、客が少ないからスレていないのかな?

もしくは、客が少ないから、あまりエサを貰っていなくて、おなかを空かせているのかな?

まずは、デプス ブルシューターJr.でキャスト。

すると、なんと1投目からHIT!

しかし、魚にパワーがない。これはアリゲーターガーかなっと思った瞬間にバラシ。

しかし、今日のアマゾンBKKの魚たちは、喰い気満々です。

すぐに、HIT!

まずは、1匹釣らなければということで、私がファイトします。

数分格闘後、ピラルクキャッチ。

 

 

赤い鱗が薄い色のピラルクです。

長さは160cmオーバー。

まあまあのサイズかな。

 

 

しかし、気持ち少しやせている様な気が・・・?? 気のせいかも。

あまり、客が来ないからエサを貰っていないのかな?

その後、数回ヒットし、息子にロッドを手渡しましたがいずれも全てバラシ。

バーブレスフックですので、一瞬のテンションの緩みでバレてしまいます。

結局、フィーディングタイムでは、このピラルク1匹のみ。

バラシ連発です。

 

火山エビで有名なレストランで昼食 店名:グンオップ プーカオワイ

 

昼間は暑く、なかなか釣れないので昼食休憩です。

アマゾンBKKから、車で約30分。

ここにタイで超有名な、火山エビレストランがあります。

味はとてもシンプルでエビの味を堪能できます。

タイによくある、香辛料、唐辛子沢山の癖のある味ではなく

日本人が好きな素材の元の味を楽しめるシンプルな味付けです。

 

 

特に、エビみそのあたりが最高に美味しいです。

火山の火が、エビの香ばしさを与え、なおGOOD!

1kg THB550 約2000円(小さい海老)とお値段もお安いです。

大人ですと、3人で丁度良い量かな。

大きい海老と、小さい海老が選べますが、小さい海老のほうが美味しいです。

小さいといっても、写真の通り十分な大きさです。

 

 

アマゾンBKKに来たら是非寄ってみてください。

本当に美味しいです。

 

昼からまったりと・・ バラシ連発!

 

昼からは、椅子に座りながらまったりと釣りをします。

するとブルフラットにHIT!!!

すごいパワーです。

レッドテールキャットフィッシュ。

 

 

その後、息子がジョイントギルで自力でヒットさせますが、バラシ。

ジョイントギルも結構この池では実績あります。

 

 

そのすぐ後に、またも息子がジャッカルギロンでもHITさせますが、これまたバラシ。

相変わらずばらしてばかりです。

しばらくして、私のブルフラットにヒット。

特大なレッドテールと思われるすさまじいパワーで、ラインを持ってゆきます。

 

 

8分ほど格闘しましたが、これまたバラシ。 涙涙・・・!

ブルフラットはタイでも大活躍です。

 

 

その後は、なかなか釣れません。

 

フィーディングタイム 夕方

 

一番期待の持てる夕方フィーディングタイムです。

ここでも散々バラシの連発です。

そんな中、カーディナル4とヒュージカスタムHS1N-66Rでヒットさせることができました。

 

 

カーディナル4のドラグ音を鳴り響かせながら、一進一退を繰り返すこと約8分。

何とか、無事キャッチ。

160cmクラスのピラルクです。

表層に放置したルアーに喰ってきました。

カーディナル4は1979年製と古いスピニングリールですが、しっかり手入れすればこのようなモンスターも釣り上げることができます。

このカーディナル4

IOS ラインローラーと IOSデカクマグリスで ドラグは改造しております。

 

 

IOSラインローラーのスムーズなドラグが良かったのかもしれませんね。

IOSデカクマグリスは、しっかりフッキングし、その後はスムーズにドラグが出る高価なグリスです。

このグリスの効果もあったのかもしれません。

 

 

以前は、カーディナル4でうまくヒットさせましたが、ランディングで失敗し、目の前で逃げられてしまいました。

今回はカーディナル4でピラルクをキャッチすることができ、とても嬉しいです。

リベンジ成功です。

ヒュージカスタムもXHですが、ピラルクのパワーをしっかりと受け止めてくれました。

アマゾンBKKのように障害物の無い池なら、このクラスのパワーでもピラルクは何とか行けます。

 

 

ピラルクの真っ赤な鱗がとてもきれいです。

その後もバラシ連発し、結局このピラルクのみキャッチでした。

雷が鳴ってきましたので終了しました。

バーブレスフックでバレやすいのですが、ばらしすぎです。

数えてはいないですが、この日は、10回ほどばらしたような・・・

 

この釣行の様子はYouTubeでもアップしておりますので、よろしければ覗いてみてください。

 

 

 

 

 

最後までありがとうございました。

-ピラルク釣行記 Fishing Diary of Arapaima
-, , ,

© 2020 どえりゃあ釣りチャンネル Powered by AFFINGER5