Abu Ambassadeur

1974年製 オールドアブ7000をボールベアリング 化! 

オールド アブ 7000 1974年製造

 

ヤフオクで購入した、アブ 7000 1974年製造。

レッドの7000番は、ボールベアリングは入っていません。

ボールベアリングの代わりに、ブロンズブッシュが入っています。

 

 

以前、タイのプーケットで、GTを狙ったときに、アブ 7000C(ボールベアリング入り)を使用しました。

その時に、アブ 7000Cのキャストストフィーリングがとても気に入ってしまいました。

100gを超える大きなルアーをバックラッシュも少なく、フルキャストできるのです。

投げているだけで心地よかったです。(肉体的には結構疲れましたが・・・)

そこで、もう一台欲しくなり、できればCOOLな1970年台のOLDアンバサダーが欲しい。

色々探していると、赤い色の7000にはオールドタイプがラインアップされておりそれが今回の

レッド7000です。

 

 

飛距離を稼ぐには、ロッドとルアーで対策は致しますが、この7000を少しでも飛距離が出るようにしたいと思い、

7000をBB化することにしました。

オールド レッド7000 ⇒ 7000Cになるという事です。

前回のGT釣行では、飛距離で泣かされました。

ナブラが発生しても、そこへルアーが届かない。

ブロンズブッシュよりBBのほうが少しは飛ぶかと思いますので、飛距離問題を、少しでも改善するための改善策の1つです。

 

年代別 7000 外観比較

 

私の所有している7000番 3台と比較してみました。

1982年製のリールのほうが1981年製より、オールドな見た目なのですが、なぜか年式は上???

前オーナーがフレームを変えているのかな???

 

 

1981年製 7000C1982年製 7000C1974年製 7000
リム鍋型鍋型山型
刻印アンバサダー表記無しBigAではない刻印BigA
メカニカルブレーキ キャスコン丸形爪あり爪あり
ハンドルナット刻印無し無しOil刻印
ハンドル長い長い短い
レベルワインダー縦縞縦線11本縦縞11本無し

 

 

1974年製は、オールドらしく

BigA、Oil刻印、山型リム、キャスコンも古いタイプと、他のオールドアンバサダーと同じような特徴のあるリールとなっております。

 

 

その外観と雰囲気に惹かれてしまいました。

 

改造

 

7000をBB化するには2通りの方法があります。

 

1:ハネダクラフトさんから販売されている、TWC ブロンズモデル用BB/樽型 に交換する。

これはブロンズブッシュモデルを簡単にBB化できるボールベアリングです。

内径が、ブロンズブッシュは一般的なサイズではないので、特注のBBであると思います。

さらに、樽型とオールドアブ好きを納得させる拘り!

簡単に交換するならこれです。

ブロンズブッシュを外し、このBBを装着するだけ。

とても簡単

しかし、値段が少し高く2個で 4000円(税込み)以上しますね。

特殊な内径のBBで、しかも、樽型ですのでこの値段は致し方ないですね。

 

 

このBBは、7000番以外のアンバサダーにも当然使用できるので、オールド ブロンズブッシュをBB化したい方には良いですね。

 

2:アブ 7000C用のスプール と 10×3×4サイズのボールベアリングを2個用意する方法。

 

私は2の方法で改造しました。

 

 

アブの7000C用のスプールはヤフオクでもなかなか出ないので、7000C を7000円で落札しました。

そして、7000Cのスプールを7000へ移植。

ボールベアリングは、プロショップ藤岡さんで昔購入した両面オープンタイプのBBへ変更です。

サイズは 外径10mm 内径3mm 厚み4mmです。

 

 

オープンタイプでも、クローズタイプでもお好みでよいかと思います。

私はたまたま、オープンのベアリングを所有していたのでこれを取り付けました。

 

 

7000Cはにはブロンズブッシュを装着してオーバーホールをしました。

7000円と安価でしたが、OHしたら、とても滑らかな巻き心地で、これはこれで問題なく使用できそうです。

今回はうまく、2台ともOH改造し、使用できるレベルでよかったですが、2の方法最悪

スプールがひん曲がって使用できないリスクもありますので、ハネダクラフトさんの樽型BBを購入するほうが安全かと思います。

 

 

用途

 

無事改造&OHは完了しました。

 

 

ハンドルも、より大きな7000Cのハンドルに交換しました。

 

 

オードアンバサダーはいいですね。

 

私は元々、7000Cは1台保有していたので、今回の2台合わせて 計3台の7000番を保有となります。

7000番はドラグ力が8kg以上もあり、PE6号が300m巻け、100g以上の大型ルアーを快適にキャストできる等々の特徴があります。

その為、この7000は、タイの観光地プーケットでGT(ロウニンアジ)(ジャイアント トレバリー)を狙うのに使用したく思います。

使用予定タックルは下記2タックル

<1>

ロッド: フィッシュマン ブリストBC4 8.3XXXH

リール: アブ アンバサダー 7000 レッドBB化改造 1974年製造

ライン: バリバス アバニ キャスティングPE マックスパワー 6号 85Lb 300m

リーダー: YGK DMV 耐摩耗ナイロン 130lb

 

 

<2>

ロッド: アブ ワールドモンスター WMSC-734H

リール: アブ アンバサダー 7000C ブラックノーマル 1982年製造

ライン: バリバス アバニ キャスティングPE マックスパワー 6号 85Lb 300m

リーダー: YGK DMV 耐摩耗ナイロン 130lb

 

今回、ブロンズブッシュ化した7000Cは、予備のリールで持ってゆきます。

この2タックルで30kgオーバーのGTを狙いたく思います。

オールド アンバサダー 7000番で30kgオーバーGTと、夢があります。

リールが壊れるかもですね。

 

 

このリールの改造・OH,下記YouTubeでもアップしております。

宜しければ覗いてみてください。

 

 

最後までありがとうございました。

 

 

  • この記事を書いた人

アッキー

タイランドに駐在する釣り吉のブログです。

-Abu Ambassadeur
-

© 2020 どえりゃあ釣りチャンネル Powered by AFFINGER5