未分類 生活 Life

ペヤング獄激辛やきそば! タイ人にとって、これ辛いの?

辛いもの大好きタイ人

 

タイ人は本当に辛いもの好きな国民です。

タイ料理自体がとても辛く、子供のころから辛いものを食べているので、辛さに対する耐性は日本人を圧倒します。

私が感じるに、半分以上のタイ人は辛いものが大好きではと思います。

中には、日本人レベルの辛さに弱い方もいますが、比較的、皆とても辛いもの好きです。

 

 

例えば、

・飲みに行ったときに、バーズアイというとても辛い小さな唐辛子をそのまま柿の種のような感じで、美味しいと言って食べている。

・白米にふりかけのようにして唐辛子パウダーをかけて食べている。

そして、何時も日本人である私が、辛いタイ料理を食べて汗まみれになり、つらそうな顔を見て喜んでいます。

今回は、日本人の意地を見せるために、日本で激辛で有名なペヤング 獄激辛ヤキソバをタイ人に食べてもらって

「辛い辛い」と、のたうち回るのを見てみたいと思います。

 

パケージ

 

鬼の顔が印刷されたいかにも辛そうなパケージ。

 

 

このパッケージだけで、私はノックダウンされそう。

 

 

麺は普通の麺です。

特に、唐辛子練り込みの麺ではありません。

 

 

かやくも普通です。

この赤と黒のソースが恐ろしく辛いのでしょう。

 

 

お湯を入れて2分待ちます。

硬い麺が好きなので2分がちょうどいいです。

 

 

タイ人が辛さで苦しむ顔を、一度でいいから見てみたい。

 

 

やはり、ソースの色がやばい。

赤黒く、においもやばい。

ソースのにおいだけで、汗が出てきます。

 

タイ人 試食会

 

 

まずはAさん。

辛いのが大好きです。

柿の種感覚で、バーズアイ唐辛子を食べてしまうことができます。

 

 

 

普通に食べてます。

辛いの?と聞いてみると

少し辛いが食べられるとのこと。

タイの唐辛子とは違って、痛い辛さのようです。

しかし、全然ひるまない。

一口、二口、三口と・・・・

しかも、アロイ(美味しい)と言ってます。

うーん。恐るべしタイ人。

彼女には、獄激辛は十分食べられるレベル。

参りました!

 

次はBさん。

Bさんはタイ人ですが、あまり辛いのは得意ではありません。

 

 

 

一口食べると、

ぺ!マー!(とても辛い)

と言って、すぐに水を飲みに行きました。

ペヤングのぺはタイ語では「辛い」という意味となりますね。マーは「とても」という意味です。

彼女は一般的な日本人と同じレベルの辛さの耐性ですので、猛烈に辛かった様です。

しかし、彼女は初めからこうなると予想していたのであまり面白くありません。

 

次はCさん。

彼女も辛いの大好き。

 

 

少し、辛そうな顔をしましたが、食べれますね。

辛いけど全然食べれるようです。

「これ全部食べれる?」と聞いてみると、

1人で全部食べれるとのこと。

まったく、効いていません。

やはり、おそるべしタイ人です。

世界一、辛さに耐性のある国民かもしれません。

 

次はDさん。

彼女も唐辛子大好きなタイ人です。

 

 

少し辛いようですが、彼女もアロイ! マ!(とても美味しい)と言っています。

彼女にも全く効果なし。

「全部食べれる?」と聞いてみると、

休憩なしに一気に食べれば、1人前すべて食べれるとのこと。

す、凄すぎる!

 

そして、最後は私が1口だけ頂きました。

 

 

私は、日本では、辛さに対して強くもなく、弱くもありません。

普通の一般的な日本人の舌です。

しかし、タイ人からは、まったく辛いのが食べれない人と思われています。

一口食べると、最初は美味しいかな??と思いましたが、3秒後に、強烈な痛みと辛味が口の中を襲います。

これは、猛烈に辛いです。

胃は熱くなり、顔からサウナに入ったように汗が噴き出してきます。

とても、1人ですべて食べ切ることはできません。

こんな辛いヤキソバをタイ人は美味しいと言って食べてしましました。

 

 

結論

 

完全に参りました。

ペヤングさん、タイ人にはまだまだ辛さが足りません。

辛いもの好きのタイ人にとっては、獄激辛ではなく、

”ペヤング ただの辛口 焼きそば”

でした。

今度は、タイ人が悲鳴を上げるほどの辛いヤキソバの開発を期待しております。

 

私は、やはり普通のペヤングソース焼きそばが好きですね。

最後までありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

アッキー

タイランドに駐在する釣り吉のブログです。

-未分類, 生活 Life
-

© 2020 どえりゃあ釣りチャンネル Powered by AFFINGER5