タックル Tackle

軽くて、Goodデザイン‼️カハラジャパン アルミプライヤーレビュー 

プライヤー


釣りには必需品のプライヤー。

皆様はどの様なプライヤーをお使いですか?

私は以前、ホームセンターで売っている安物のプライヤーを使用した事があります。

魚からフックを外す為に、海釣りに使用したら、一発で錆びだらけ。

この様な経験をした方もいらっしゃるのではと思います。

やはり釣りには専用のプライヤーが必要ですね。

各社から色々ありますが、今回はカハラジャパンさんのアルミプライヤー2種類を紹介したいと思います。


7インチSP スーパーヘビーデューティー アルミプライヤーPLUS


 

 

こちらのプライヤー、とてもゴツいプライヤーです。

こんなゴツいプライヤーを何に使うの?

と思われるかもしれませんが、必要な時があるのです。

それはズバリ、

GT等の海の猛者達を相手にする時に必要です。

海の荒波で鍛えられた魚達はムキムキマッスルで淡水の魚達達とはレベルが違います。

また、広大な海釣りではどの様な大物がヒットするかわかりません。

その為、ルアーに装着するスプリットリングはとても強靭な物が必要となります。

強靭過ぎるので、普通のプライヤーではスプリットリングを開ける事ができません。

 

 

しかし、このプライヤーなんと400LBまで対応しているので、マグロやGT用のスプリットリングも開ける事が可能です。

 

 

逆にバス釣りで使うようなスプリットリングにはデカ過ぎて不向きです。

メーカー推奨は80LB(36kg)から400LB(181kg)までの対応となっております。

今回使用したのはボンバダ テルさんプロデュースのフォルチNo.6 強度 70キロ〜100キロの巨大なスプリットリングです。

フックはがまかつ のトレブル 24 GTレコーダー4/0です。

フックもゴツいので、スプリットリングをしっかりと開けないといけませんが、これなら問題無くオープンできます。

先端素材はステンレスにチタンコートしているので、丈夫で錆びに強いです。

この曲がった先端で、スプリットリングを開きます。

 

 

また、見た目はゴツいのですが、アルミ製のためさ程重たくありません。

重量は203.3グラム

さらに、タングステンスティールカッターを採用しているので、切りにくいPEラインも驚く程スパッと切る事ができます。

 

下記はラインカッターで、このプライヤーは別の箇所にカッターがあります。

 

 

このカッター、本当にPEラインがスパッと切れるので気持ちいいです。

海の巨大魚を相手にしたい方にはこのプライヤーはお勧めです。

 

 

6.5インチ アルミプライヤー スリムタイプ


 

 

こちらは、汎用性の高いプライヤーです。

スプリットリングも開ける事ができますが、トラウト用の小さなスプリットリングには少し大き過ぎかと思います。

 

 

メーカーはスプリットリング内径3mm以上からを推奨しております。

パッと思いつくのは下記使用方法。

1:魚にかかったフックを外す

2:先端はステンレスにチタンコートした素材で錆びに強く、スプリットリングを開ける事が可能。

3:タングステンスティールカッターで、PEラインをストレス無く切れる

4:アルミ素材で、海で使用しても錆びにくい。

5:重量は120グラムと軽くサイズ的に何処でも持ち運べる

6:その他色々

万能プライヤーかと思います。

 

下記はラインカッター。

こちらも、PEラインをスパッと気持ち良く切れます。

 

 

取り敢えずプライヤーを一本欲しい時はこれで良いかと思います。

 

 

 

以上、カハラジャパンさをのプライヤー紹介でした。

最後に、錆びにくいとは言え、海釣りで使用したらよく洗って塩抜きしてくださいね。

最後までありがとうございます。

 

 

-タックル Tackle
-, ,

© 2020 どえりゃあ釣りチャンネル Powered by AFFINGER5