Abu Ambassadeur

オールド アブ アンバサダー2500C 1976年 ノーマル レビュー!

オールド 2500C 1976年製造

 

ヤフオクで購入した、オールド アブ アンバサダー 2500Cです。

1976年製造のオールドです。

フットナンバーは761000

 

 

オールドは独特の雰囲気があり、とても気に入っております。

特にお気に入りは、大きなクレストマーク。

 

 

オールドは5000番でもそうですが、基本クレストマークが大きいです。

復刻版も大きなクレストマークです。

これが小さいと、個人的にはあまり好きではないです。

大きい方が、カッコいいですし、よりクラシカルな雰囲気がします。

2500Cには、小さなクレストマークの個体もありますが、今回は大きなものに焦点を絞り、落札しました。

最近2500Cは人気で、とても割高です。

 

 

できるだけ、状態の良さそうなものを厳選し落札しました。

なかなか良い個体が落札できたと思います。

 

渓流、管理釣り場用

 

アンバサダー2500Cは、ノーマルでしたら、バス釣りに使用したりしますが、最近は改造して、渓流ベイトフィネス、管理釣り場で使う方が多いようですね。

クラシカルな雰囲気が、渓流、管理釣り場に良く合うのでしょう。

改造することで、軽量なルアーもキャスト可能となります。

当然私も、そのような用途で使用したいのですが、いかんせん今は、タイに住んでいます。

タイにも渓流釣りらしきものはあるので、いつかトライしてみたいです。

しかし、メインはタイの管理釣り場で、軽量ルアーをキャストする用途になるかと思います。

 

 

タイの管理釣り場といっても、狙う魚は、バラマンディー、トーマンといったかなり凶暴で、パワフルな魚たちですが、スレ切っていますので、小さなルアーでないとなかなか反応しないケースが多々あります。

そういった時に、このリールは活躍するかと思います。

 

ノーマル細部紹介

 

日頃、5000番、6000番そしてたまに7000番を愛用しているので、2500番は作りが違いとても新鮮な感じです。

 

レベルワインダー

レベルワインダーは縦線の入っていないシンプルな物。これはこれ “シンプル イズ ベスト” です。

 

 

ウオームシャフト

4000番以上とは、作りが違います。

 

 

これは、ウオームシャフトの爪で、本体と固定されており、その爪が折れやすいようです。

オイルなどを刺して、滑りを良くして折れない様に最新の注意が必要です。

 

 

しかし、万が一折れてしまった場合、バレーヒル、アベイルさんから社外品が出ているので折れたら交換できます。

 

ハンドル

ガルシアマークの入った、ショートハンドル。Gマークがカッコいいです。

 

刻印

シールではなく、刻印タイプです。

 

クレストマーク

大きなオールドらしい、カッコいいクレストマーク

 

ブレーキ

2点式 やはりアンバサダーといえば、遠心ブレーキですね。

 

ボールベアリング

クローズドタイプのBB

サイズは 外径11 × 内径5 ×幅4 です。

 

ピニオンブッシュ

これは、4000番以上にはない機構。

このパーツは、巻き心地とクラッチの切れに影響するようで、何か巻き心地が重たいのはこれが原因かと。

アベイルでBB入りの商品があり、これに変えれば改善か?

 

コグホイール

スプールと連結方法が4000番以上とは全く機構が違います。

5000番から7000番に慣れ親しんだ私にはとても目新しいです。

 

スプール

5000番と比べると、とても小さなスプール。

小さいから軽量17.7g

参考までに5000C純正は24.9gと重たい。5000C 用のアベイルマイクロキャストスプールで重量、16g程なので、2500Cの純正で既にかなり軽くより、軽量なルアーを投げ易くなっています。

 

ギヤ

このギヤは、ジュラルミン製が最初から装着されていました。これが純正品かどうかは分かりません。

ハンドルを回してみましたが、4.7:1と思われます。

ジュラルミン製なのでとても軽量です。

ただし、真鍮製より強度は劣るようです。

 

 

ピニオンギヤ

これも4000番以上とは、構造がまったく違います。

最初は、向きが良くわからず戸惑いました。

 

クラッチ

こちらも、4000番以上とは全く違います。

とてもシンプルな構造です。

 

今後の改造

 

今後は、徐々に改造してゆき、フルチューンを目指したいです。

しかし、この原稿を書いている2021年2月時点では、アベイルさんの改造パーツの数品種が品切れて購入できません。

購入でき次第、改造を加えたいと思います。

・ハネクラ ショートS字ミラーフィニッシュハンドル

・アベイル 軽量レべルワインダー

 

 

・アベイル 2BBアルミウオームシャフト

 

・アベイル 真鍮ハイギヤ

 

・ヘッジホッグスタジオAIRボールベアリング

 

 

・アベイル ピニオンブッシング

 

 

・アベイル 2BBコグホイール

 

 

・アベイル マイクロキャストスプール

 

 

アベイル カーボンクロスドラグワッシャー Fタイプ

 

 

油脂類はIOSオイル01、02、007 IOSギヤグリスを使用して改造予定。

 

 

 

 

 

そして、フルチューン オールド5001Cと投げ比べしたいですね。

最後までありがとうございました。

YouTubeでもオールド ノーマル アブ2500Cの動画をアップしていますので宜しければ覗いてみてください。

 

 

最後までありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

アッキー

タイランドに駐在する釣り吉のブログです。 アンバサダー、カーディナル等のタックル情報、怪魚釣り釣り情報を発信しております。 YouTubeもやってますので宜しくお願いします。

-Abu Ambassadeur
-

© 2021 どえりゃあ釣りチャンネル Powered by AFFINGER5