釣行 Fishing Diary

アブ アンバサダーで 太刀魚釣り! シーチャン島 タイランド

タイ シーチャン島近郊での太刀魚釣り


 

タイでは、天竺太刀魚という種類の太刀魚が釣れます。

ヒレや口元が少し黄色の太刀魚です。

今回はそれをメタルジグで狙いたく思います。

通常は、ロイ島からシーチャン島まで出ている客船に乗り込むのですが、新型コロナウイルスの影響で、島の住人以外はこの船には乗れません。

そこで、釣り船が、ウドンという港まで我々をPICK UPしに来てくれます。

朝7時、釣り船に乗り込み、そこから、約1時間ほどかけて、太刀魚の狙えるポイントに向かいます。

 

 

本日は快晴、潮の流れは早く、大潮ではと思います。

 

 

本日は、6歳の息子と二人での釣行です。

 

本日のタックル


 

 

<1>

リール: アブ アンバサダー6001C 1987年製 魔改造

ロッド: Fishman BC4 LH

ライン:クレハ(KUREHA) PEライン シーガー PE X8 300m 4.0号 62lb(28.1㎏) 5色分け   + ナイロンショックリーダー 50LB

私用

 

<2>

リール: アブ アンバサダー6000C 1972年製  ハンドル以外ノーマル

ロッド: 冒険用品 Jetsetter61C

ライン: クレハ(KUREHA) PEライン シーガー PE X8 300m 4.0号 62lb(28.1㎏) 5色分け  + ナイロンショックリーダー 50LB

私用

 

 

シーガー PE X8は 8本撚りで、300m 2600円 コスパいいラインですね。

 

 

<3>

リール: ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 レブロス LT 6000D-H(2020モデル)

ロッド: Deps Hugecutom HS1N-66R

ライン: VARIVAS(バリバス) ライン キャスティングMAXパワーX8 300m 3号  + ナイロンショックリーダー 50LB

息子用

 

 

バリバスラインは強度はいいのですが、コスパは・・・・

 

 

リールは、右巻き、左巻きで各1本そろえました。メタルジグをシャクルと疲れるので、右手が疲れたら左手に変えて、シャクれるので左右のリールを用意しておくと、疲労軽減できます。

 

息子用は、扱いの簡単な、スピニング レブロスです。

 

このリール安いのですが、とても性能がいいですね。

 

 

最強コスパスピニングです。

 

 

8時ポイント到着


 

 

まずは、記念すべき第一投。

ジグは80gです。

潮の流れが速く、80gでは、結構流されます。

底を取り、まずは30回ほどしゃくります。

あたり無し。

1投目からは、そんなに世の中甘くないですね。

そして、2投目。

底を取りしゃくります。

何時も何回しゃくったかを数えています。どの棚に太刀魚がいるのかわからないからです。

魚探などありません。

29回しゃくったところで、

ゴン!

なんと、2投目でHITです。

幸先が良いです。

ヒットジグは ティムコ オーシャンドミネーター センターバランス 90mm 80g ピンク です。

 

 

サイズはいまいち小ぶりな太刀魚ですが、やはり1匹目はうれしいですね。

 

 

それから、30分後、 ??回シャクルト、またしてもHIT

 

2匹目もさほど良いサイズではないです。

 

 

 

 

目の前にいた、別の船でもボチボチ太刀魚が上がっていますが、サイズはいまいちよくないような感じです。

時期的に5月は小ぶりなサイズしか釣れないのかな????

それでも、さほど感覚を開けずに2匹目です。

さらに、2回ほど、アタリがありましたが、乗らず,

しばらく沈黙です。

 

色々、ジグの重さを変えてみたりしましたが・・・

 

前回2月に良く釣れた、ジグパラ バーチカル ショート 100gピンクに変えてみました。

100gですと、あまり潮に流されないですね。

40回ほどシャクって、フォール中に

 

ドン!

 

やりました、フォール中にHITしました。

 

 

何故か、フォール中にHITさせると、してやった感がありうれしいです。

 

サイズは、またしてもイマイチです。

 

 

それから、しばらくなかなか釣れずアタリも少なく、とおもっていたら

 

追加で1匹

 

 

これで計4匹釣れました。

ここで、船頭さんが、あまり釣れないので、アジ釣りに行きますか???とタイ語で言っていましたので

太刀魚は終わりにしてアジを狙いに場所移動です。

 

13時 アジのポイント


 

仕掛けをサビキに変え、エサはキビナゴです。

このポイントはさらに潮の流れが速く、重りは50号でも流されます。

大潮は流れが速すぎて釣りにくいですね。

子供は力がないので、さらに釣りにくそうです。

ポイントに移動して、すぐに2匹 マテアジが釣れましたが、その後すぐに渋くなりました。

 

15:30 納竿


 

雲行きも怪しく、雨がぽつりぽつりと降ってきて、魚も全然釣れないので、これにてSTOP FISHINGです。

 

 

結局

 

太刀魚 4匹

マテアジ 2匹

モモイトヨリ 1匹

コトヒキ  3匹 (息子が2匹)

船頭さんは

太刀魚 1匹

マテアジ 1匹

バラクーダ 1匹

 

と、イマイチナ釣果でした。

次は、中潮あたりの釣りやすい日にリベンジしたく思います。

YouTubeでもこの釣行についてアップしています。よろしければ覗いて見てください。

下記リンクです。

 

 

最後までありがとうございました。

 

 

 

  • この記事を書いた人

アッキー

タイランドに駐在する釣り吉のブログです。

-釣行 Fishing Diary
-

© 2020 どえりゃあ釣りチャンネル Powered by AFFINGER5