タイに住む主婦と釣り吉旦那のブログ

タイの釣りを中心にレストラン,旅行等々、楽しい情報提供をいたします。

デプス、スミス、アブ タックルでバラマンディ釣行‼️ 3


デプス、スミス、アブ タックルでバラマンディ釣行‼️ 2

釣行記2からの続き

スミス スーパーストライク

スミススーパーストライク タックルで行けるという感触を得たので、今度はルアーをズイールのアライくんに変更しました。

昔はレアで高価な為手が出なかったのですが、今はヤフオクで普通に買えます。

とても可愛らしいのですが、そのアクション、動きも素晴らしです。一度このルアーで釣ってみたかったのでキャストしました。

相変わらず可愛らしく泳ぎますね。しかし表層ではなかなか釣れません。ビッグバド同様水面直下を泳がせてみると。

ゴン!とヒットです。

数分格闘して無事ランディングです。

アライくん初FISHとなりました。

激しいファイトでルアーを破壊されないかと心配でしたが大丈夫でした。

嬉しいです。

デプス タックルに再チェンジで悲劇が!

今度はデプスタックルに持ち替え、ブルシューター160 フローティングにルアーチェンジです。

これもまだ1回も釣れたことのないルアーです。

表層をデジ巻きしたり、ゆっくり巻いたり、早く巻いたりと色々試しました。

このルアーは目視できるし、良く釣れました。

アタックしてくるところが見えるので非常に楽しいルアーですね。

ほとんど入れ食い状態で、数匹釣った後

衝撃的な事件が起きます。

ワイヤーリーダーについているスナップがこのように無残にも伸ばされ、私の大切で、良く釣れ、楽しかったブルシューター160が魚とともにバラマンディ をオートリリースをしてしまいました。

このワイヤーリーダーは怪魚ハンターのモンスタープロショップの商品で、バラマンディ位なら耐えうるであろうと思っておりましたが甘かったです。

バラマンディのファイトは凄すぎます。

1mほど宙を舞うジャンプ、走る、エラ洗いと壮絶な格闘をし、またヒュージカスタム H2N-64Rのパワーに耐えられなくなってしまったのでしょう。

ショック大大大です。

また、ヤフオクで買い直しです。

トホホ。

バラマンディの主食 ティラピア

ここで少し池の周りをお散歩しました。岸際にはティラピアが泳いでおります。10cmから20cmくらいまでのティラピアです。バラマンディに食べられずに生き残っていた魚たちです。

写真には見えにくいのですが数匹泳いでいます。ここのバラマンディ たちはペレットの餌ではなく活きたティラピアを食べているので猛烈にルアーにアタックしてくるのですね。

色々なルアーを試してみよう

ここまで色食い状態ですと、いままでコレクションのようにしていたルアーを色々試してみようと思い今まで釣ったことのないルアーばかりを使用してみることにしました。

特にビックベイトはなかなか日本では活躍できなかったルアーが多くここでは活躍できそうです。

エバーグリーンのブリムスライドヒュージカスタムにセットし、キャストします。表層で高速巻きし、止めてと菊本さんのユーチューブのように巻いていると即バイト、来ました。

ナイスサイズのバラマンディですが、このルアーで数匹釣ると、テールが無くなってしまいました。

ここの池は70cm~80cmがアベレージサイズのようです。80cm以上となるとなかなか釣れませんが、ほとんどの魚が70cmから80cmです。

また、重さも太り方によって変わっており、やはりブリブリと太ったバラマンディ の方が引きが面白いです。

お次は、ジャッカルのガンタレルです。

こちらもピラルク用に購入しましたが、未だノーフィッシュです、フックも1フックとピラルク仕様です。

少し早く巻いていると、HIT!

無尽蔵に釣れる感じです。

毎回毎回激しいファイトなので、腕がそろそろ疲労感を感じるようになってきました。

嬉しい悲鳴です。

釣行記4に続く

デプス、スミス、アブ タックルでバラマンディ釣行‼️ 4



Share Button

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2018 タイに住む主婦と釣り吉旦那のブログ

テーマの著者 Anders Norén